rss

記事一覧

  • 旧過激派幹部が政党結成 ――穏健化は進むか "Newsダイジェスト"

    2011.05.29
    旧過激派幹部が政党結成 ――穏健化は進むか "Newsダイジェスト"

    2011年7月号記事 "Newsダイジェスト─国際"     エジプトで、かつて過激派として恐れられた組織による政党結成宣言が相次ぎ、元過激派が政治参加を志向する傾向が加速している。 5月、「ジハード団」の元幹部アッブード・ズムル氏が、新政党「安寧と発展党」を結成して政治参加を目指すと発表。同じく過激派として知られた...

  • 日本経済の破壊を目論む菅政権 "Newsダイジェスト"

    2011.05.29
    日本経済の破壊を目論む菅政権 "Newsダイジェスト"

    2011年7月号記事   "Newsダイジェスト─経済"   日本経済の破壊を目論む菅政権     3月11日の東日本大震災以降、菅政権が日本経済の破壊を目論んでいるとしか思えない、確信犯的な失政を重ねている。   ①遅々として進まない復興対策 ...

  • 国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011.05.29
    国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011年7月号記事     中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね   「中日新聞は偏向報道をやめろー」 5月4日、名古屋一の繁華街・栄町に約1500人のデモ隊の声が響き渡った。 訴えは、名古屋圏で圧倒的なシェアを誇るブロック紙「中日新聞」に対し、「選挙などで特定の政党を排除した偏向報道をやめ、公...

  • 原発を救え! Part.2 原子力発電は本当に危険か?

    2011.05.29
    原発を救え! Part.2 原子力発電は本当に危険か?

    2011年7月号記事     原発の事故に伴うリスクや反対論を見てきたが、ここで三つの図(次ページ)をご覧いただきたい。 最初の二つは「今回の福島第一原発事故による放射能の影響は、一般に思われているよりずっと安全で人体にも問題ないレベルである」ことを示すデータ。三つ目は「放射能が体にいい」という驚くべきデータだ。 これらは、風...

  • 原発を救え! Part.3 日本を破壊する 菅政権の反原発思想

    2011.05.29
    原発を救え! Part.3 日本を破壊する 菅政権の反原発思想

    2011年7月号記事     宮崎名誉教授の話や、その前に示した客観データが示すように、日本の原子力発電はマスコミの報道内容よりもはるかに安全であり、事故が起きても、きちんと対応すれば大事には至らないシステムになっている。 にもかかわらず多くの国民は、原子力発電について漠然とした不安が心の中から消えない。この不安の正体は何であり、どうす...

  • 【第1部-1】憲法9条で国は守れるか <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第1部-1】憲法9条で国は守れるか <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事     大震災、尖閣事件、 北朝鮮ミサイル──。 もし憲法9条で国を守れるとしたら   戦後60年を超える日本の平和は、いったい何がもたらしたのだろう。 9条に象徴される平和憲法のおかげなのか。 それとも、日米安全保障で日本に点在する米軍基地なのか。 日本は今、この問い...

  • 【第1部-2】9条で戦争はなくならない/小林節インタビュー <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第1部-2】9条で戦争はなくならない/小林節インタビュー <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事   慶應義塾大学教授・弁護士 小林節インタビュー (こばやし・せつ) 1949年東京都生まれ。1977年、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、89年慶大教授に就任。著書に『そろそろ憲法を変えてみようか』(致知出版社、共著)、『憲法守って国滅ぶ』(ベストセラーズ)など多数。 ...

  • 【第2部】こんなにある!〝違憲〟な制度と法律 <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第2部】こんなにある!〝違憲〟な制度と法律 <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事   9条をめぐっては賛否の分かれる日本国憲法だが、仮にも憲法と言えば一国の最高法規。本来、何としても守らなければならないものだ。そんな護憲の立場に立ってみると、現代日本には正すべき違憲問題が数多くあることが分かる。   (1)一票の格差 違憲問題としてよく知られているのが「一票の格差」だ。昨年7月に行われた参...

  • 【第3部】それでも改憲は必要だ <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第3部】それでも改憲は必要だ <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事         新・日本国憲法試案が世界の平和と繁栄に責任を負う国をつくる   幸福の科学グループの大川隆法総裁が「新・日本国憲法試案」を発表してから6月で丸2年。現憲法でも解釈変更によっては国を守れるかもしれない。だが、民主党政権による「国難」の深刻さを考えれば、...

  • やる気泥棒撃退術─やる気をなくしやすい性格は変えられる!

    2011.05.29
    やる気泥棒撃退術─やる気をなくしやすい性格は変えられる!

    2011年7月号記事 illustration : 服部新一郎       「なんでやる気が続かないんだろう」──。そう思いながら「やる気が出る方法」をいろいろ試している人は多いのでは。そこで発想を変えて、「やる気を失わない方法」はないか調べてみた。「やる気泥棒」に入られないように心をロックして、エネルギーに満ちたあなたに...

Menu

Language