rss

記事一覧

  • 政治任用制導入も浮上

    2006.01.07
    政治任用制導入も浮上

    2006年3月号記事 「小さく効率的な政府」実現へ 政治任用制導入も浮上   局長級など一定のポストに昇進した省庁職員を一度退職させ、特別職として再雇用する「政治任用制」。この制度は、広く衆知を集めるという点で、今後、企業経営者や学者など民間人の登用にも道が開かれることが期待される。       ...

  • サービサー法で借金苦はここまで解消できる

    2006.01.07
    サービサー法で借金苦はここまで解消できる

    2006年3月号記事 サービサー法で借金苦はここまで解消できる 個人も企業も再生へ   株価上昇など景気回復のニュースが新聞各紙に踊る。 その一方で、住宅ローンや事業などの借金の重みで苦しむ個人や企業は後を絶たない。 しかし、正確な知識を持てば借金苦は着実に解消できる。 制度を活用して強く賢く生きる道を探ってみよう。 ...

  • 「この株高はバブルではない!」

    2006.01.07
    「この株高はバブルではない!」

    2006年3月号記事 「この株高はバブルではない!」 ――日本経済はまだまだ強い   日本経済が株式ブームに湧いている。昨年1年間で日経平均株価は4割も値上がりし、2002年から始まった景気拡大局面も、戦後最長の「いざなぎ景気」を超えそうな勢いとなっている。しかし一方では、早くも「ミニバブル」との警戒の声も出ている。果たして日本経済はどこまで強いのか...

  • ザ・争点  公益法人改革

    2006.01.07
    ザ・争点 公益法人改革

    2006年3月号記事 ザ・争点 公益法人改革   何をどう変えるのか 注目の時事問題やホットな話題を識者が独自の観点から斬る「ザ・争点」。 今月のテーマは、民間の公益活動を担う公益法人の制度改革。 現行の財団法人、社団法人を廃止し新たに「非営利法人」制度を創設するという 明治時代の民法制定以来の抜本的な制度変更だ。 税...

  • 二十一世紀の国際情勢を考える(中)

    2006.01.07
    二十一世紀の国際情勢を考える(中)

    2006年3月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第109回 シリーズ「正しき道を求めて」 二十一世紀の国際情勢を考える(中)   問 国際情勢について、現時点での流れを見るとアメリカの一極支配が強まりキリスト教的な価値観の浸透が進んでいるのではないかと思います。 これから私たちは、どのよ...

  • 安全な社会は家庭から

    2005.12.07
    安全な社会は家庭から

    2006年2月号記事 非行や犯罪をなくすための根本対策 安全な社会は家庭から   いたいけな小学生の命が立て続けに奪われ高校生が同級生や親を殺める── 善悪のタガが外れたような社会にあって防犯や治安の向上が急務となっている。 だが犯罪をなくす根本は、防犯の前にそもそも「悪を犯す人間」を出さないこと。 そのためには家庭の役割が大...

  • 知るほどに分からなくなる脳の不思議

    2005.12.07
    知るほどに分からなくなる脳の不思議

    2006年2月号記事 脳ブームはどこまで行くのか 知るほどに分からなくなる脳の不思議 エアロビクス、フィットネス、ヨガの次は…… エクササイズが大好きな現代人は、いよいよ「脳」を鍛え始めた。 ドリル開発から教育現場への導入まで脳ブームの不思議を探ってみよう。 それにしても、なぜ「脳」なんだろう──  ...

  • ヤケドしないための株講座

    2005.12.07
    ヤケドしないための株講座

    2006年2月号記事 株ブーム到来! ヤケドしないための株講座   株ブームが到来している。 12月1日、日経平均株価が5年ぶりに終値で1万5000円台を回復し、「株は生き返った」など景気のいい見出しが新聞各紙で踊っている。 こうした株価上昇を支えているのが一般投資家だ。 とりわけネット証券を利用する人が急増しているという。 ...

  • 繁栄を築いた人たち  本田宗一郎

    2005.12.07
    繁栄を築いた人たち 本田宗一郎

    2006年2月号記事 シリーズ 繁栄を築いた人たち 本田宗一郎 (ほんだ・そういちろう) 1906~1991静岡県生まれ。浜松で自動車修理工として成功。戦後、本田技術研究所を設立。1948年には本田技研工業を創業。「ドリーム号」や「スーパーカブ号」のヒットで二輪の世界トップメーカーに。後に四輪にも進出し、低公害のCVCCエンジンの開発などで世界に名を馳せる。 ...

  • 転落防止のためにホーム柵の設置を

    2005.12.07
    転落防止のためにホーム柵の設置を

    2006年2月号記事   「事後対策」だけでは危険 都営地下鉄で転落事故ゼロ 転落防止のためにホーム柵の設置を   可動式ホーム柵が設置されている都営地下鉄三田線で、5年間「転落事故ゼロ」だったことが、このほど明らかになった。 都市に潜む生命の危険を防ぐためにも、転落の危険がある駅ホームには、ホーム柵による安全対策を早急に講...

Menu

Language