rss

記事一覧

  • 「奉仕義務化」は現代の下放政策?

    2006.09.09
    「奉仕義務化」は現代の下放政策?

      2006年11月号記事   安倍 ・教育改革に一抹の不安 「奉仕義務化」は現代の下放政策? フリーターやニートの「再チャレンジ」として活用を   期待を集める安倍晋三氏だが、一面で気になる点もある。教育改革の一つとして打ち出している、国公立大入学者に対する「奉仕活動の義務化」案がそれだ。中国の下放政策の...

  • 王子製紙VS.北越製紙  M&A新時代の行方

    2006.08.14
    王子製紙VS.北越製紙 M&A新時代の行方

    2006年10月号記事     日本初の 本格的な敵対的TOB 製紙業界トップの王子製紙が仕掛けた、日本で初めての本格的な敵対的TOB(株式の公開買い付け)が波紋を呼んでいる。     仕掛けられた側の北越製紙は業界5位で、売上規模は王子製紙の約8分の1に過ぎない。しかし、主力の新潟工場に...

  • 「幽体離脱」を科学する

    2006.08.10
    「幽体離脱」を科学する

      2006年10月号記事 死後の世界はあるのか? “霊界旅行”を体験した人びと   あなたや周りの人にこんな体験はないだろうか。 「夜寝ていて気がつくと目の前のベッドで自分が寝ていた」 「事故で意識を失っている間に不思議な世界を見てきた」 話には聞くが現代科学では説明できないこうした...

  • 王子製紙VS.北越製紙

    2006.08.10
    王子製紙VS.北越製紙

      2006年10月 経済 M&A;新時代の行方     日本初の本格的な敵対的TOB 製紙業界トップの王子製紙が仕掛けた、日本で初めての本格的な敵対的TOB(株式の公開買い付け)が波紋を呼んでいる。 仕掛けられた側の北越製紙は業界5位で、売上規模は王子製紙の約8分の1に過ぎない。しかし、主力の新潟...

  • 靖国問題を「供養の心」から考える

    2006.08.10
    靖国問題を「供養の心」から考える

      2006年10月号記事 リバティ・オピニオン   靖国問題をめぐる国内外の立場の違いは、簡単に埋められるものではない。 ただ、宗教的な観点、追悼・慰霊のあり方からも見ていくときより深いところで理解することはできる。 仏教における「供養の心」から、靖国問題を考える。     &n...

  • 記憶力を強くする方法

    2006.08.10
    記憶力を強くする方法

    2006年10月号記事   各教科対策シリーズ特別編 受験生とその親のための最新脳科学が教える!   英語(7月号)、数学(8月号)、国語(9月号)と続いた各教科対策シリーズ。 今回は、最新脳科学と認知心理学を駆使した科学的な「記憶力増強法」の極意を紹介する。      ...

  • 言葉で楽しむクラシック入門 第3回

    2006.08.10
    言葉で楽しむクラシック入門 第3回

      2006年10月号記事 プッチーニの「あのオペラ」からマーラーまで「言葉のある音楽」の楽しみ 指揮者  三澤洋史   この夏、新国立劇場こどものためのオペラ劇場 「スペース・トゥーランドット」の編曲と指揮で 好評を博した三澤洋史氏。オペラなどの指揮と作曲を通して 「音楽と言葉とドラマの接点」を追...

  • 香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006.08.10
    香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006年10月号記事 一国二制度来年で10年 共産政権下の「繁栄」を追う(前編)   97年7月に香港がイギリスから中国に返還されて、今年ではや9年。香港は返還後、どうなったのか。寂れたのか。イギリス領時代とどちらがよかったのか──。「一国二制度」の香港は中国国内であり、日本とは違うとはいえ、13億の共産主義国家の強い影響を受けるという点で両者は似...

  • 男はスキンケアで勝負を決めるんだよ!

    2006.08.10
    男はスキンケアで勝負を決めるんだよ!

      2006年10月号記事 「汗は男の香水」の時代は終わった!?   いま、男性のスキンケアが熱い。『人は見た目が9割』といった本も売れている。確かに第一印象は大切だ。そこで、生まれてこの方、「見た目」以外の1割にかけていた本誌編集者Yがエステを初体験。男たちのスキンケア最新事情についてレポートする。   &nbs...

  •  正しい男女観を考える(前編)

    2006.08.10
    正しい男女観を考える(前編)

      2006年10月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第116回 シリーズ「正しき道を求めて」   問 日本は、家庭でも職場でも、まだまだ男性主導型であり、「女性が自分の意見を聴いてほしいと思っても、男性が先に結論を出してしまう」などといったことで、トラブルの生じる場合が多いように思...

Menu

Language