rss

記事一覧

  • 岡山県の真実!?

    2007.07.10
    岡山県の真実!?

    2007年9月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑 独断と偏見で読み解く   代表的備前人 ラテン系だが、理屈っぽい 理想に生きる備前人   瀬戸内の温暖な気候の下、楽天的な性格は常に理想を追い求めるが、理論で万事をとりしきろうとする。世界で初めて空を飛んだと言われる表具師・浮田幸吉や、弓削道鏡と対立した勤皇の忠臣...

  • 「無税国家」は実現できるか?

    2007.07.10
    「無税国家」は実現できるか?

    2007年9月号記事 東京・杉並区が「住民税ゼロ構想」   東京都杉並区が7月、「住民税ゼロ」を目指し、予算の一部を積み立て運用する減税構想を検討する研究会を立ち上げた。故・松下幸之助氏が生前に提唱した「無税国家」の自治体版だが、果たして実現できるのか。   78年後に住民税ゼロ 「日本で初めて税を減らし、ゼロに...

  • 教育再生の条件(後編)

    2007.07.10
    教育再生の条件(後編)

    2007年9月号記事   先月号(前編)では、日本の子供の学力と規律が崩壊した原因は日本の教育界が、アメリカで失敗に終わった二つの教育思想をいまだに実践しているからであることを明らかにした。 「子ども中心」「個性尊重」の美名に囚われ本来子供に教えるべきことを教えていない日本。 しかし学力を向上させるためには教育の基盤である規律・徳育が正されねばならず...

  • できる女が会社を救う!

    2007.07.10
    できる女が会社を救う!

    2007年9月号記事   競争に勝つ「鍵」は女性にあり! 女性を戦力にできる職場のつくり方     女性の社会進出はもはや当たり前の時代。 それもかつてのウーマンリブ運動とは違い本来の女性らしさを失わずに成果につなげていく企業のカタチが求められ始めている。 そのためには「企業改革」や「男性の意識改革...

  • 『鈍感力』に  まどわされるな

    2007.07.10
    『鈍感力』に まどわされるな

    2007年9月号記事 逆風下のリーダーの心得 大切なのは信念と不動心だ   今年上半期のベストセラー本となった『鈍感力』。小泉前首相が安倍首相に対し、盛んに「鈍感力の効用」を勧めて注目を集めた。確かに一個人にとって特定の場面で役立つことはあるが、一国の指導者など組織のリーダーに有用かというと、何かが違う……。参院選の安倍首...

  • 公立学校  復活のヒント(後編)

    2007.07.10
    公立学校 復活のヒント(後編)

    2007年9月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第127回   現在の学校改革の動きは明治維新のときの状況に似ている 先月号では、「学校の管理職になる人は、一般のビジネス書などを読み、知識をつけてください」と述べました。   最近、教員と話をして感じたのは、「普段、新聞も読...

  • 成功する食事学

    2007.06.10
    成功する食事学

    2007年8月号記事   カラダ「スッキリ!」アタマ「ハッキリ!」すぐ実践できる   メタボリック・シンドロームの問題などで健康と食生活への関心が高まっている。だが、単に病気を防ぐためだけではなく自分や家族の成功と幸福をプロデュースするための、「食」の考え方もあるはず。 食生活に関する研究家と実践者たちがカラダと頭と心、そして舌にも...

  • エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.9

    2007.06.10
    エンタメIT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.9

      2007年8月号記事 Ver.9 誰も知らなかったケータイ世代   (いちかわ・しげひろ) ケータイ向け完全無料放送局Qlick.TV(クリックドットティービー)を運営する、株式会社フロントメディア代表取締役。多数の公式サイトを立ち上げたモバイルプランナー。通信およびコンテンツビジネスに精通。   &n...

  • 教育再生の条件(前編)

    2007.06.10
    教育再生の条件(前編)

    2007年8月号記事 なぜ戦後教育は崩壊したのか   政府の教育再生会議は6月1日、「ゆとり教育見直しの具体策」や「徳育の教科化」などを柱とした第2次報告を安倍首相に提出した。 「学力低下」「いじめ」「学級崩壊」「教師のバーンアウト(燃え尽き)」など教育現場は想像をはるかに超えた危機的状態にある。 日本の子供の学力と規律は、なぜここまで崩壊し...

  • 国民投票法がついに成立

    2007.06.10
    国民投票法がついに成立

    2007年8月号記事 ──動きだした憲法改正   憲法改正の手続き初めて整備 憲法改正の手続きを定めた「国民投票法」が、5月14日参院本会議で可決、成立した。 1947年に施行された日本国憲法は、その後60年、一度も改正されていない。日本国憲法は改正が難しい「硬性憲法」と言われるもので、第96条1項は「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で...

Menu

Language