2015年4月号記事

書籍紹介

大川隆法総裁の次男・大川真輝 理事 兼 総裁室長代理の最近の著作を紹介する。

宗教法人 幸福の科学
理事 兼 総裁室長代理

大川真輝

(おおかわ・まさき)1993年生まれ。大川隆法総裁の次男。開成中学校・高等学校卒業。早稲田大学文化構想学部に在学中。著作として『大川真輝の「幸福の科学 大学シリーズ」の学び方』『僕らの宗教、僕らの大学(上・下)』『大川隆法名言集 大川隆法の"愛の概念"入門』『大川隆法名言集 「リーダー」になりたい"あなた"へ130の鉄則』(幸福の科学出版刊)等がある。

大川総裁の次男・大川真輝理事は、「大川隆法名言集シリーズ」を続々発刊。

大川総裁は、2300回を超える説法をし、著書は1800冊を超えている。教えがあまりにも膨大で、かつテーマも宗教、人生論、経営・仕事論、政治・経済など多岐にわたっているため、初学者にとっては、何から学び始めたらよいか悩むところだろう。「名言集シリーズ」は、そうした初学者向けのテキストとして編まれた。

一冊で教えの全体観が分かる

本シリーズは、「ニーズ解決型」と「入門書型」の2つの形式に分かれている。

現在までに、「ニーズ解決型」は『「創造的」になりたい"あなた"へ123の金言』『「リーダー」になりたい"あなた"へ130の鉄則』の2冊、「入門書型」は、『大川隆法の"愛の概念"入門』『大川隆法の"発展の概念"入門』の2冊が上梓されている。

「ニーズ解決型」は、霊言を含む大川総裁の著作から名言を抜粋し、章立てされている。章ごとに入ったコラムは、真輝理事の幅広い教養が感じられる内容で、特に霊言を降ろしてきた霊人たちにまつわるエピソードや事例には、本数冊分のエッセンスが詰まっている。

「入門書型」は、膨大な大川総裁の著作から名言を抜粋・整理したもの。例えば『愛の概念』では、「"愛"とは何か」「愛の発展段階説」「実践的な愛」という、教えを整理する"引き出し"がある。章や節を見るだけでも、教えのエッセンスがつかめる上、教えを深く理解し、実践に移せるよう、丁寧な解説も付いている。

一冊で、テーマに関する教えの全体観が理解できる点で、初学者はもちろんのこと、何年も大川総裁の著作を読み込んできた信者にも新たな発見を与えてくれそうだ。