2021年5月号記事

大川咲也加 副理事長 講話Report

初心に戻って感謝を捧げる日に

「『本物の信仰者を目指して』─宗教法人30周年を記念して─」

2021年3月7日 幸福の科学・東京正心館


大川咲也加

1991年生まれ。大川隆法総裁の長女。豊島岡女子学園中学・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。著書の発刊点数は60書を超え、多くの映画脚本、作曲、歌唱、編曲も手がける。

大川咲也加・幸福の科学副理事長 兼 総裁室長が3月7日、宗教法人設立30周年を記念して、東京都内の教団施設で講話を行った。

咲也加副理事長は、大川隆法総裁が初期の数年で説いた法話には、人間関係の悩み、人生論、宇宙、政治経済、芸術文化、企業制度など、その後30年の教えの骨格が示されていたと振り返り、「初心に戻って感謝を捧げる日にしていきたい」と語った。

また近年、大川総裁が矢継ぎ早にリリースしている楽曲について、「やはり、一つの法なのです」「しゃべっていることだけが教えではないのかなというふうに私は思っています」と話した。

後半には、5月公開予定の映画「美しき誘惑─現代の『画皮』─」について触れ、「表面を取り繕って、心の中が違う人、そういった方が多いので、映画を通して減らしていくことによって、素直で謙虚な方を増やしていくのも、当会の使命であるのかなと思います」と述べた。

【CD】

英語「With-Savior」ウィズ-セイビア.jpg

『ウィズ・セイビア 〔CD+DVD〕』

〔作詞・作曲〕大川隆法 /〔歌〕大川咲也加

幸福の科学出版

幸福の科学出版で購入

Amazonにて購入