「問題がある」とユネスコが判断 - 「南京」「慰安婦」資料が最終審議で焦点に - The Liberty Opinion 1

「問題がある」とユネスコが判断 - 「南京」「慰安婦」資料が最終審議で焦点に - The Liberty Opinion 1

 

2015年9月号記事

 

The Liberty Opinion 1

 

中国による「歴史ねつ造」追及

 

「南京」「慰安婦」資料が最終審議で焦点に

「問題がある」とユネスコが判断

 

 ユネスコの世界記憶遺産に、中国が「南京大虐殺」「従軍慰安婦」資料を登録申請している問題で、両資料が事前審議で「問題がある」案件として扱われていることが分かった。

 ユネスコ関係者によると、記憶遺産登録に向けた事前審議で、世界中から申請があった全96件のうち、5~7件の申請に「問題がある」と判断したが、ここに中国の「南京」「慰安婦」資料が含まれた。これらについては、10月上旬の最終審議の場で、「じっくり検討する」という。

 本誌7月号では、96件のうち不備が見られた数件に対し、ユネスコが追加資料の提出を求めたことを報じた。だが、ユネスコ側が中国の両資料を「問題がある」と認識したことが明らかになったのは、今回が初めてだ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年9月号記事  オピニオン  ユネスコ  記憶遺産  ねつ造  南京大虐殺  従軍慰安婦  幸福実現党  

Menu

Language