経済学の根底に必要な宗教的真理とは? - 「幸福実現党テーマ別政策集 第2巻『減税』講義」 - 大川裕太副理事 講話レポート

経済学の根底に必要な宗教的真理とは? - 「幸福実現党テーマ別政策集 第2巻『減税』講義」 - 大川裕太副理事 講話レポート

 

2015年9月号記事

 

講話

 

経済学の根底に必要な宗教的真理とは?

「幸福実現党テーマ別政策集 第2巻『減税』講義」

2015年6月28日 新宿精舎

 

宗教法人 幸福の科学副理事
(兼)総裁室部長
(兼)政務本部活動推進参謀
(兼)国際本部活動推進参謀

大川 裕太

(おおかわ・ゆうた) 1995年生まれ。大川隆法総裁の三男。麻布中学校・高等学校卒業。東京大学文科一類(法学部)に在学中。著書は『幸福実現党テーマ別政策集1 「宗教立国」』(幸福実現党刊)など多数。

 

 

トマ・ピケティの著作『21世紀の資本』は格差に関する論争を引き起こした。写真;読売新聞/アフロ

 いわゆる「ピケティブーム」が、過ぎ去りつつある。課税強化による格差是正を訴えたトマ・ピケティの著作『21世紀の資本』の売り上げはピークを過ぎ、賛成論・反対論もほぼ出尽くした。

 このブームを振り返り、「格差議論を"深めた"」と評価する声がある。しかしデータによる複雑な議論が"深み"にはまり、人々に飽きられた面も大きい。

 こうした論争はいつも平行線で終わる。それは、経済学の根底にあるべき経済倫理が失われているためではないか。

 大川裕太副理事は自著の講義の中で、経済政策の根底にあるべき宗教原理について語った。

 中でも重要な原理として挙げたのが「因果応報」と「愛の法則」。それぞれ仏教・キリスト教を思わせる。裕太副理事はこの二つの物差しで、マルクス経済学や、課税強化、社会保障などの問題点を検証した。例えば、社会主義的な所得の再配分に関して「自分のお金でないものを他人から取って、他人に渡すことが、愛といえるのか」と指摘する。

 経済のあり方は、人間のあり方の延長にある。経済学を支える宗教的真理こそ、求められている。

 

「減税」

幸福実現党テーマ別政策集 2
「減税」

大川裕太著

幸福実現党刊

【他に語られたテーマ】

  • 「脱成長論」の宗教的な間違い
  • 一般的な「自由主義」の盲点
  • 日常感覚を超える、消費増税の影響
  • 所得税、法人税、贈与税への考え方

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年9月号記事  講話  大川隆法  三男  大川裕太  減税  ピケティ  格差  マルクス  経済  

Menu

Language