「第六師団を貶める記憶遺産への登録をやめてほしい」 - 南京戦の生存者が訴え - The Liberty Opinion 1

「第六師団を貶める記憶遺産への登録をやめてほしい」 - 南京戦の生存者が訴え - The Liberty Opinion 1

2015年8月号記事

 

The Liberty Opinion 1

 

ユネスコ記憶遺産 中国による「歴史ねつ造」追及 第3弾

 

南京戦の生存者が訴え

「第六師団を貶める記憶遺産への登録をやめてほしい」

 

元第六師団・城光宣さん。

「谷中将は何にもしとらん。南京大虐殺などできるはずがなか!」――。

 1937年の南京戦に参加し、攻略後、南京に入った元第六師団歩兵第四十七連隊の獣医務曹長、城光宣(99歳)さんはこう訴えた。

 城さんが憤るのは、中国が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産として、登録申請している「南京大虐殺」資料の中に、城さんの上官であった谷寿夫中将が戦後、中国国民党に裁かれた裁判資料が含まれているためだ。この裁判で谷中将は、「大虐殺」の首謀者の一人として死刑判決を受けた。

 これまで本誌では、中国が登録申請している「南京大虐殺」「従軍慰安婦」資料のずさんな点を指摘してきた(注)。このほど幸福実現党の調査で、「南京」資料の大半が、谷中将をはじめとする裁判資料であることが明らかになった。

 その事実を知った城さんは、日本軍随一の部隊と評された第六師団の名誉を貶める中国の申請に憤りを隠さない。

 

(注)中国は、資料の解釈をねじ曲げたり、無関係なものを数多く申請している。また、資料の所有者に無断申請している致命的な問題も判明した。詳報は、本誌5、6月号に掲載。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年8月号記事  オピニオン  南京大虐殺  ユネスコ記憶遺産  第六師団  生存者    

Menu

Language