アメリカの反省 - 共産主義の大国 中国を育てた3人の大統領 - 戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

アメリカの反省 - 共産主義の大国 中国を育てた3人の大統領 - 戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

 

2015年8月号記事

 

戦後70年 日本の誇りを取り戻そう

 

アメリカの反省

共産主義の大国 中国を育てた3人の大統領

ルーズベルト トルーマン クリントン

 

「反省」は「謝罪」とは違う。今起こっている出来事の原因を、公平な目で振り返り、思いや行いを正すことが「反省」だ。現在、共産主義の大国・中国が、経済力・軍事力を伸ばしてアジアの国々に脅威を与える一方、アメリカは影響力を弱めつつある。この原因はどこにあるのか。戦後70年を迎える今年、アメリカが反省すべきこととは──。

(編集部 大塚紘子、長華子、森國英和、山本泉、居島有希)

 

 

「戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻んだ」

 安倍晋三首相が4月、日本の首相として初めて米議会の上下両院合同会議で演説した際の一説だ。演説は現地で喝采を受け、日米友好を演出した。しかし、反省すべきは日本だけなのだろうか。

 戦後、アメリカはソ連との冷戦を制し、世界一のスーパーパワーとして君臨してきた。ところが近年、中国がアメリカを超えようとする動きを活発化させている。アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立や、南シナ海での滑走路建設などだ。

 これに対応すべく、安倍首相は安保法制の整備を進め、アメリカとの連携を強固にしようとしている。ただ、両国が真の友人になるために必要なことがある。それは、先の大戦において日本は悪であり、戦勝国は善であったという「戦勝国史観」を見直すことだ。そこから、未来の日米関係が見えてくるはずだ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

Part.1 ルーズベルト、トルーマンの反省

Part.2 クリントンの反省

インタビュー/ジェイソン・モーガン氏/ケネス・パイル氏/ピーター・カズニック氏/伊藤貫氏

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年8月号記事  戦後70年  アメリカ  中国  大統領  ルーズベルト  トルーマン  クリントン  人種差別  原爆  著名知識人  

Menu

Language