安保法制を「違憲」とした憲法学者の深層心理 - 「左翼憲法学者の『平和』の論理診断」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

安保法制を「違憲」とした憲法学者の深層心理 - 「左翼憲法学者の『平和』の論理診断」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

公開霊言抜粋レポート

 

安保法制を「違憲」とした憲法学者の深層心理

「左翼憲法学者の『平和』の論理診断」

2015年6月13日 幸福の科学総合本部

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

左翼憲法学者の「平和」の論理診断

左翼憲法学者の「平和」の論理診断

大川隆法著

幸福の科学出版

 これほどアジア情勢が切迫しているのに、国防強化に反対し続ける。そんな左翼の思考回路に疑問を持つ人は必見の霊言だ。

 集団的自衛権の行使を可能とする安保法制案をめぐり、与野党が激しい攻防を続けている。特に、衆院憲法審査会に参考人として招致された憲法学者3人が法制案を「違憲」と指摘してから、野党は攻勢を強めた。

 大川総裁は左翼憲法学者の代表として、参考人の一人、長谷部恭男・早稲田大学教授の守護霊(潜在意識)を招霊。同氏の本音を聞き出した。

 守護霊は冒頭から憲法論を展開したが、次第に現実政治への驚きの本音を語り出す。明らかになったのは、同氏にとって、「平和」の定義自体が保守とは違うということ。この平和観は左翼の深層心理を代弁したものだろう。複雑な安保法制をめぐる議論の「真の争点」がはっきりする。

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは  
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

タグ: 2015年8月号記事  大川隆法  霊言  左翼  憲法学者  長谷部恭男  守護霊  安保法制  集団的自衛権  

Menu

Language