日本の有事に米空母は日本近海に来ない - 用田 和仁氏 緊急インタビュー

日本の有事に米空母は日本近海に来ない - 用田 和仁氏 緊急インタビュー

 

2015年8月号記事

 

interview

 

緊急インタビュー

日本の有事に米空母は日本近海に来ない

 

このほど訪米してアメリカの専門家と意見交換した軍事の専門家に、 対中国戦略におけるアメリカの真意と日本がなすべきことについて聞いた。

 

 

元陸上自衛隊西部方面総監
日本戦略研究フォーラム政策提言委員

用田 和仁

(もちだ・かずひと)元陸上自衛隊西部方面総監。元陸将。日本戦略研究フォーラム政策提言委員。1952年生まれ。防衛大学校を卒業後(19期)、陸上自衛隊幹部候補生学校の75期。陸上幕僚監部教育訓練部長、統合幕僚監部運用部長、第7師団長などを歴任した。

 中国は現在、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で大規模な埋め立てを行い、滑走路などの軍事拠点づくりを着々と進めています。

 それにもかかわらず、日本の国会は「安保法制」が違憲か否かで大騒ぎ。おそらく中国の習近平国家主席は、腹をかかえて笑っているでしょう。

 4月に日米防衛協力のための指針(ガイドライン)が、18年ぶりに見直され、大きな進歩があったことは喜ばしいことでした。しかし、この新ガイドラインで繰り返し使われた、日本が「防衛作戦を主体的に実施」し、米軍は「自衛隊の作戦を支援し、補完」するとしたところに、重大な意味が隠されています。

 結論から言えば、アメリカはこのガイドラインを通じて、自分たちの力が落ちていることを認め、「単独では対中国作戦を遂行できない」と宣言したに等しいのです。この懸念は私が訪米した際にも感じたことです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

A2ADネットワークの構築とは?

中国漁船のサンゴ密漁は実は威嚇だった?

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年8月号記事  インタビュー  用田和仁  安保法制  米軍  防衛  中国  自衛隊  日米同盟  

Menu

Language