「21カ条の要求」から100年 日本が中国に国辱を与えた「国恥記念日」の誤り

 

袁世凱(画像は、Wikipediaより)。

5月9日、日本が中国の袁世凱(えん・せいがい)政権に対し、「21カ条の要求」を行い、受諾された日から今年で100年を迎えました。

 

「21カ条の要求」とは、東京書籍の「新しい社会 歴史」(平成23年発行)で、このように説明されています。

 

「第一次世界大戦で、欧米列強のアジアへの関心がうすれたのを機に、1915年、日本は中国に、山東省のドイツ権益の継承、旅順・大連の租借期間の延長などの二十一か条の要求を示し、その大部分を認めさせました。しかしこれは、中国の主権をおかすものでした。大戦後、中国はドイツ権益の返還を主張しましたが、パリの講和会議で山東省のドイツ権益を日本が引き継ぐことが認められると、中国の反日感情は爆発しました」

 

中国では戦前より、「21カ条の要求」を受諾した5月9日を、国家の恥辱となった「国恥記念日(中国語:五九國恥)」として定め、民衆に日本への恨みを植え続けてきました。日本の教科書の記述を見れば、「日本は悪いことをした」と思うかもしれません。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language