結婚後のすれ違いは「事前知識」で防げる - 「結婚不適合症候群について考える」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

結婚後のすれ違いは「事前知識」で防げる - 「結婚不適合症候群について考える」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2015年6月号記事

 

法話・霊言ガイド

 

結婚後のすれ違いは「事前知識」で防げる

「結婚不適合症候群について考える」

2015年3月25日 幸福の科学教祖殿 大悟館

 

 

「育児が初めてのことばかりで、相手を気遣う余裕がなくなってしまっていました」

「夫婦にはなれたけど、家族にはなれていなかった」

 元プロ野球選手の斉藤和巳さんと、3月に離婚したことが話題になったタレントのスザンヌさんは、記者会見でこう語った。

 恋人から夫婦になり、お互いの立場や生活が変わると、相手への見方が変わる。それが、2人のすれ違いを生む。

 大川総裁は「結婚不適合症候群について考える」と題し、結婚後の危機について語った。

 食生活、家事分担、妊娠──。結婚後には、生活や身体の変化を契機に、恋人時代には思いもしなかった葛藤が生まれる。

 大川総裁は「事前知識として自分の感情の変化を知る」「なぜ腹が立つのかを客観的に掴む」ことが重要と説き、結婚後に関係が冷え込むパターンと、愛を保つ方法を、具体例を挙げて解説した。

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年6月号記事  大川隆法  法話  結婚不適合  離婚  夫婦  葛藤  

Menu

Language