辺野古反対の翁長知事に、沖縄戦・司令官の牛島中将がメッセージ

辺野古反対の翁長知事に、沖縄戦・司令官の牛島中将がメッセージ

公開霊言抜粋レポート

 

沖縄戦司令官・牛島中将の霊が語った

「沖縄の人たちを守り切れなかったことが悔しい」

2015年4月10日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

翁長雄志・沖縄県知事は、米軍基地の辺野古移設に強硬に反対しています。その根底には「先の大戦で沖縄は戦場になった。本土を守るための"捨て石"にされた。また沖縄が犠牲になる」という不信感があります。沖縄戦をどう見たらいいのかを探るため、大川隆法・幸福の科学総裁は10日、沖縄戦を指揮した牛島満中将を招霊し、沖縄の方々へのメッセージを伝えました。

 

 

 牛島中将の霊は、登場すると最初から涙を流し、「沖縄の民間の人々、女性や、子供たちを、守り切れなかったこと、軍人の最高司令官として、まことにまことに申し訳なく(中略)私、ただ一人の責任と言わざるをえません」と無念さを訴えました。

 

 

民間人を逃がしてあげたかった

 牛島中将は、内陸で「持久戦」を行ったために、民間人を巻き添えにしたと批難されることがあります。

 これについて牛島中将の霊は、一切の責任は自分にあるとして、「(民間人を)逃がしてあげたくとも戦艦がないし、もし艦船があったとしても、守るべきものが何もないので撃沈される」と語り、悔しさをにじませました。

 同時に、武器、弾薬、食糧が尽き、援軍も来ないという極限の状況の中、沖縄が簡単に降伏してしまえば、日本の国自体がなくなってしまうため、戦わざるを得なかったと苦渋の決断を迫られたことを明かしました。

 

 

沖縄への愛

 それでも牛島中将の霊は、沖縄の多くの方々を犠牲にしたことへの責任感や自責の念に苦しんでいるようです。

「最後の一人が成仏するまで、私は沖縄の地で、彼らを見守りたいと思っています」と、戦死者への愛の思いを吐露しました。

「沖縄が見捨てられた」という意見に対しては、『古事記』に記されている豊玉姫の里(海神の地)が沖縄であったと述べ、「われわれが沖縄を蔑視したり、軽視したり、見捨てようとしたりしたわけではないということは、どうか分かっていただきたい」と、沖縄をあくまで"日本"として守ろうとした思いを訴えました。

 

 

中国に沖縄を踏みにじらせてはいけない

 その上で牛島中将の霊は、沖縄に再び国防上の危機が迫っていることへの懸念を示しました。

 現在、翁長沖縄県知事は、米軍基地の移設に反発する一方、「琉球独立」論を抱いているとも言われています。さらに、12日から中国を訪問するなど、親中姿勢を強めています。

 もし沖縄から米軍が撤退し、中国が沖縄を取ればどうなるか。沖縄は人民解放軍の軍艦をつなぐ基地になり、台湾侵攻や、アジアにおける軍事拡張の足がかりにされてしまいます。

 牛島中将の霊は、中国が反米感情や本土への不信感を上手に使い、沖縄を取り込もうとしていることに危機感を示しました。翁長知事に対して、「『米軍基地撤去したい』とおっしゃるなら、その後の構想はどうされるのかを明確にするべき」と訴え、知事が沖縄の中国化による「奴隷の平和」を求めていることに警鐘を鳴らしました。

 沖縄に二度と悲劇をもたらさないためにも、先人への誇りを取り戻し、「勇気」と「正義」で「平和の実現」を目指すべきです。

 

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『沖縄戦の司令官・牛島満中将の霊言 戦後七十年 壮絶なる戦いの真実』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1462

 

幸福の科学出版 『沖縄の論理は正しいのか?―翁長知事へのスピリチュアル・インタビュー―』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1459

 

 

【関連記事】

翁長雄志・沖縄県知事、驚きの本音 米軍を撤退させ、沖縄を「中国領」にする(2015年4月Web記事)

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9453

 

2014年11月16日付本欄 沖縄県知事選、当選の翁長氏が「琉球独立」団体と交流

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8735

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 公開霊言  大川隆法  牛島中将  沖縄戦司令官  米軍  辺野古移設  民間人  苦渋の決断  豊玉姫  反米感情  中国  

Menu

Language