「創造する頭脳」でピケティを撃つ【鈴木真実哉のHSU流・経済塾(3)】

 

経済学者
鈴木真実哉

プロフィール

(すずきまみや)1954年生まれ。早稲田大学大学院を修了。金融論、貨幣論、シュンペーターやハイエク理論を研究。主な著書に、『格差社会で日本は勝つ』(幸福の科学出版)、『カオスの中の貨幣理論』(共著、雄松堂出版)などがある。2015年開学の私学ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)経営成功学部のディーンを務める。

「格差批判はなぜ問題なの?」

「どうすれば国は豊かになるの?」

「金融は危ない稼ぎ方なの?」

こうした疑問について考える中で、経済学の基本的な考え方を学ぶことができる。

 

本コーナーでは、4月に開校した私塾「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」の経営成功学部ディーンの鈴木真実哉氏に、経済の諸問題について話を聞いていく。第3回は、経済成長について。

 

 

今日のポイント

  • ピケティの最大の間違いは「創造する頭脳」を無視したこと
  • アメリカを繁栄させたのは資金でも土地でもない「智慧」だ
  • 起業家教育と信仰教育が「創造する頭脳」を開花させる

 

 

ビル・ゲイツらは自分の智慧やアイデアを使って、富を築いた

――鈴木先生は、「創造する頭脳」という考え方が、ピケティへの打ち返しになるとおっしゃっていますが、具体的にはどういうことでしょうか。

鈴木真実哉氏(以下、鈴木): まずピケティの主張に触れておきます。企業や個人が持つ株などの資本は投資などで増えます。そのスピードである「r(資本収益率)」が、給料の増え方である「g(経済成長率)」より大きい。だから格差が開く――。それがピケティの最終命題です。

彼の最大の間違いは、資本の中にお金や土地だけを入れて、人的資本を考えていない点です。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language