宗教立国はなぜ必要か

宗教立国はなぜ必要か

2009年10月号記事

 

─政教分離の誤解をとく─

 

 2009年5月、幸福の科学を母体とする新政党・幸福実現党が旗揚げし、国政に進出しようとしている。しかし、巷からは、政教分離を根拠に、宗教団体の政治参加を疑問視する声もしばしば聞かれる。

 そこで、西洋哲学の研究者であり、欧米の政治思想にも造詣の深い、東洋大学講師の伊藤淳氏に、政教分離本来の趣旨について聞いた。

 

伊藤  淳

(いとう・じゅん)1962年生まれ。2001年東洋大学大学院博士課程修了。文学博士。翻訳家。東洋大学その他で、哲学・論理学などの教鞭をとる。専門はカント哲学を初めとしたドイツ観念論。英語圏やドイツ語圏の文学や哲学などを幅広く研究している。訳書として『静かな人ほど成功する』(W・ダイアー著、幸福の科学出版)、『「一流の男」への道』(D・ディーダ著、PHP研究所)などがある。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 宗教立国  政教分離  唯物論  日本弱体化  祭政一致  プラトン  

Menu

Language