「常識」逆転の軌跡 - ザ・リバティ創刊20周年 - あの時、そんなことを言っていた!?

「常識」逆転の軌跡 - ザ・リバティ創刊20周年 - あの時、そんなことを言っていた!?

 

2015年5月号記事

 

ザ・リバティ創刊20周年

 

「常識」逆転の軌跡

あの時、そんなことを言っていた!?

 

 1995年に誕生した本誌は、多くの読者に支えられ、今月号で創刊20周年を迎える。

 この間、大川隆法・幸福の科学総裁の法話などに基づいて、宗教、政治、経済、経営、国際政治、未来科学など、幅広い分野で「ニュースの真実」を伝え続けてきた。

 本誌の主張は、その時点では反発を受けたり相手にされなかったりしたことも多い。だが、その正しさは時が経つにつれて明らかになり、いつしか「常識」がひっくり返った。

 20年の歴史を振り返り、「常識」逆転を果たした代表的な事例をピックアップしてみたい。

(編集部 小川佳世子、大塚紘子、居島有希)

 

 

大統領選の前から「オバマ氏は世界を混乱させる」と言っていた

 

大統領選挙中の2008年9月、ノースカロライナで演説するオバマ氏。聴衆はプラカードやカメラを片手に声援を送った。

 まるでコンサートのような盛り上がりだった。2008年11月4日、米大統領選挙で民主党のオバマ氏が大勝。地元イリノイ州で行われた勝利演説には、約20万人が集まった。日本の新聞にも「圧勝」「黒人初」などの文字が躍り、同氏が掲げる「チェンジ」への期待感は高かった。

 大川隆法総裁は、この4カ月以上前の法話で、オバマ氏が大統領になった場合の危険性を指摘。これを受けて、8月末発刊の本誌10月号は「アメリカは『世界の警察官』ではなくなる」「オバマ氏は、現在の“アメリカらしさ"を否定する遺伝子を持っている」と書いた。

 まだ大統領として何もしない段階での本誌の主張に、アメリカ在住の読者からは反発の声もあった。

 だがその後、オバマ氏は20年までに1兆2千億ドルの軍事予算を削減することを決定し、13年9月には、「アメリカは世界の警察官ではない」と宣言。アメリカの影響力低下は中国の台頭などを呼び、世界を混乱させている。

 

2014年11月、中間選挙を目前にしたフィラデルフィアで演説するオバマ氏。この選挙で民主党は大敗を喫した。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

アメリカの後退、習近平国家主席の危険性をいち早く指摘

ユーロ、民主党政権、ゆとり教育の問題点を指摘

JR東日本に「ホーム柵設置は義務」と指摘、他

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年5月号記事  提言  軌跡  常識  逆転  オバマ  習近平  ユーロ  民主党政権  ゆとり教育  ホーム柵  

Menu

Language