アメリカの「戦前日本」「イスラム国」への見方は正しい? - 「神の正義の樹立」 - 大川隆法総裁 法話レポート

アメリカの「戦前日本」「イスラム国」への見方は正しい? - 「神の正義の樹立」 - 大川隆法総裁 法話レポート

 

2015年5月号記事

 

法話抜粋レポート

 

アメリカの「戦前日本」「イスラム国」への見方は正しい?

「神の正義の樹立」

2015年3月8日 東京正心館

 

 

 中東では「イスラム国」が欧米諸国と対立し、アジアでは先の大戦への評価をめぐり日本と中韓が対立している。これら国際的混乱の本質は、宗教観や歴史観など、異なる「正義」の衝突だ。

 幸福の科学は、こうした対立を解決する「新しい時代の正しさ」を示そうとしている。その一環として大川総裁は、「神の正義の樹立」と題し、国際政治の正義のあり方を示した。

 

 

POINT1

 

大戦の意味を見直し日本神道を再評価する

 先の大戦における日本は、欧米からは「アジアを侵略した」と言われている。日本神道も排他的民族主義として否定された。

 しかし大川総裁は、日本神道について「世界的に見て今の判定が不合理だと思われるところが多々ある」と、神道の再評価を訴えた。

 実際に、パラオ、タイ、スリランカなどからは、「日本がアジア諸国の植民地を解放した」と評価する声が挙がっている。

 

 

POINT2

 

イスラム国を殲滅してはいけない

 アメリカを中心とした有志連合は、イスラム国掃討に入っている。しかしイスラム国は、欧米諸国の長年にわたる理不尽な中東政策の結果、虐げられてきた勢力の抵抗運動でもある。

 大川総裁は、アメリカが必ずしも正義とは言い切れないと指摘。国際社会はイスラム国を殲滅するのではなく、停戦させるべきだと主張した。

 

 

POINT3

 

アメリカ的価値観が揺らいでいる

 イスラム国掃討も、戦前日本へのマイナス評価も、アメリカによる一方的な正義によるもの。

 大川総裁は、超大国であったアメリカが提示する「正義」に対して、国際社会で異議申し立てをする流れがあると述べた。

 

 

 他にもこんなポイントが語られた

  • 民主主義が抱える矛盾
  • 国際政治学の限界
  • 特攻とテロの違い
  • 沖縄は見捨てられたのか
  • 中国の覇権拡張の問題点
  • 宗教融和に必要な考え方

 

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年5月号記事  大川隆法  法話  正義  イスラム国  植民地  宗教  対立  

Menu

Language