共和党の「アメリカを取り戻す」戦いが始まった - 米保守派の祭典 CPAC report

 共和党の「アメリカを取り戻す」戦いが始まった - 米保守派の祭典 CPAC report

 

2015年5月号記事

 

米保守派の祭典 CPAC report

 

共和党の「アメリカを取り戻す」戦いが始まった

 

来年11月に控える米大統領選。民主党からはヒラリー・クリントン前国務長官の出馬が有力視されており、対する共和党も、候補者擁立に向けた動きを本格化させている。大統領候補と目される人物が登壇する、保守派の祭典「CPAC」を訪れ、最新の情勢を探った。

(編集部  呉亮錫 / 写真  HIDEKI KIYOTA)

 

 

 共和党の支持団体である全米保守連合(ACU)が毎年開く保守政治行動会議(CPAC)には、全米から推定1万人が集まる。大統領選の候補者らが演説し、会場の模擬投票は共和党の公認候補選びに影響を与える。

 

 

「次は戦時大統領が必要」

演説には、各候補の支持者らが詰めかけて声援を送った。写真はクルーズ上院議員に熱いまなざしを送る聴衆。

 

メイン・ホールの前の通路は別名「ラジオ回廊」。多数のラジオ局が所狭しと特設スタジオを設けており、要人が演説後に次々と番組に出演していた。

 

模擬投票に並ぶ列。若い参加者も多く、18歳から25歳の層が、投票数の約半数を占めた。アメリカの保守運動の広がりを感じさせる。

 今年のCPACで際立ったのは、「オバマ政権でアメリカが本来のアメリカでなくなってしまった」という危機感だ。登壇者も、オバマケアや富裕層への増税などの社会主義政策、弱腰外交を盛んに批判していた。

 会場の雰囲気を象徴していたのが、前回の予備選で最後まで残ったリック・サントラム元上院議員の演説だ。サントラム氏は、半年前にイスラエルを訪問した際に、ネタニヤフ首相の顧問から「アメリカは戦時大統領を選ぶ必要がある」と耳打ちされたと明かした。

 戦時といえば、「イスラム国」との戦いを連想するが、それだけではない。オバマ氏の「チェンジ」で破壊された「アメリカ」を取り戻すための、「自由のための闘い」という意味合いもある。

 ウォールストリート・ジャーナル紙は翌日のコラムで、こう解説している。

「ここでの『戦争』とは何か。それは停滞している経済成長から長期的な財政リスクや負債まで全て、また瓦解していく戦後秩序から中東問題、国内のテロまで全てのこと。今年は論争や不満ではなく、危機感がある」

 オバマ氏が目指す福祉国家ではなく、個人の自由や責任を基盤にしたアメリカを「取り戻す」にはどうすべきか。危機感を抱く聴衆を前に、大統領候補者たちは、熱っぽく支持を訴えた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

本命のブッシュ氏にも容赦ないブーイング

強いアメリカ

取材メモ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年5月号記事  CPAC  現地レポート  共和党  アメリカ  オバマ  イスラム国  

Menu

Language