イスラム国の「正義」 - 日本は欧米と中東の仲裁者たれ Part1 中東vs.欧米

イスラム国の「正義」 - 日本は欧米と中東の仲裁者たれ Part1 中東vs.欧米

イスラム国は人質や敵の兵士を処刑する映像をたびたび公開している。提供:Islamic State/Visual Press Agency/アフロ

 

2015年4月号記事

 

イスラム・テロをなくす道 2

 

イスラム国の「正義」

日本は欧米と中東の仲裁者たれ

 

パリのシャルリー・エブド紙襲撃事件に続き、

「イスラム国」による日本人人質殺害事件が起きるなど、

年初からイスラム過激派によるテロが相次いだ。

先月号に続き、イスラム・テロをなくす道を考えていきたい。

(編集部 大塚紘子、長華子、河本晴恵、冨野勝寛)

 


contents

 

 

イスラム国はイラク北部とシリア東部を中心に支配地域を広げており、日本の四国と九州を合わせたほどの面積に達している。

 

「このナイフがお前たちの悪夢となるだろう」

 過激派組織「イスラム国」が公開した映像の中で、黒ずくめの男は、日本人人質にナイフを突きつけながらこう言い放った。

 安倍晋三首相が、イスラム国対策費として中東に計2億ドルの資金援助を表明したことを受け、イスラム国は資金援助と同額の身代金を要求。安倍首相が「テロには屈しない」と声明を発表すると、イスラム国は人質2人を相次いで殺害した。

 その後、各国の首脳や国連がイスラム国を非難する声明を発表し、イスラム国に対する空爆を強化。アメリカのオバマ大統領が地上軍の派遣を認める決議案を議会に提出するなど、情勢は緊迫の度合いを増している(2月19日現在)。

 

 

問題の本質は「正義」をどう考えるか

 イスラム過激派の問題については、多くのメディアが「テロとの戦い」と報じている。しかし、大川隆法・幸福の科学総裁は1月に横浜で行った法話の中で、これは「正義」をどう考えるかの問題だと指摘した(注1)。

「世界には大きく二種類の正義があります。一つは『正義は神が決める』という考え方です。もう一つは『正義は人間が民主主義で決める』という考え方です。そして、その中間に『正義は神の意を伺いながら民主主義で決める』という考え方もあります」

 イスラム教徒は、「正義は神が決める」と考えており、過激派組織も例外ではない。しかし、彼らが本当に神の心を分かっているのかという一定の疑問もある。一方、欧米の民主主義国が正しいかと言えば、そうとも言えない。

 正義の観点からイスラム・テロを見たとき、今、国際社会が直面する問題の本質が浮かび上がってくる。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

イスラム国"カリフ"バグダディ氏に直撃スピリチュアル・インタビュー

スピリチュアル・エキスパートによる「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る

ワールド・ジャスティスが中東を平和に導く

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年4月号記事  イスラム国  テロ  人種差別  植民地支配  バグダディ  霊言  ワールド・ジャスティス  

Menu

Language