宗教融和 - スッキリわかる中東問題【後編】 Part3

宗教融和 - スッキリわかる中東問題【後編】 Part3

 

2015年3月号記事

 

スッキリわかる中東問題【後編】

 

パリ新聞社襲撃事件

イスラム・テロをなくす道 Part3

 

パリの新聞社襲撃事件以外にも、イスラム国の台頭やパレスチナ自治区ガザへの空爆など、中東発祥の兄弟宗教であるユダヤ・キリスト教とイスラム教の争いは絶えることがない。

2014年12月号に続き、中東問題の核心に迫る後編をお届けする。

(編集部 大塚紘子、長華子、只木友祐、中原一隆、冨野勝寛)

 


contents

 

 

Part3 宗教融和

 

イスラム教とユダヤ・キリスト教は平和共存できるか

 

対立する宗教文明が平和共存する

考え方の一つとして提唱されている

「宗教多元主義」について、

米ジョージタウン大学のチェスター・ギリス教授に

話を聞き、宗教融和について考える。

 

神はさまざまな形で地上に姿を現してきた

 

ジョージタウン大学教授

チェスター・L・ギリス

Chester L. Gillis

米シカゴ大学で博士号取得。現在ジョージタウン大学神学部学部長。著書に、『Pluralism: A New Paradigm for Theology(宗教多元主義:神学の新しいパラダイム)』(1993)、『Roman Catholicism in America(アメリカにおけるローマカトリック)』(2003)などがある。テレビなどのメディアにも多数出演。

──宗教多元主義に興味を持ったのはなぜですか。また、この考え方のメリットは何ですか。

ギリス氏(以下、ギ): 1970年代に、宗教哲学者のジョン・ヒックの書いた『God and the Universe o.f Faiths』という本を手に取ったのがきっかけです。この本には、一つの超越的な存在が、異なる時代、異なる地域に、異なる姿で地上に姿を現すという理論が書かれていました。

 

 

宗教多元主義は宗教間の障壁を取り除ける

 私はキリスト教の神学者でしたので、最初はその考え方を拒絶しました。しかし、ヒックの思想を深く理解し、また、他の宗教を信じる方々と出会うにつれて、考え方が変わってきました。キリスト教という一つの“レンズ"を通して物事を見るよりも、宗教多元主義のほうが、神聖なものを理解するのによりふさわしいと確信するようになったのです。

 宗教多元主義のメリットは、超越的な存在、あるいは神聖な者が、すべての人類に異なる時代と場所においてさまざまな方法で関わり、導いてきたと考えるところにあります。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

 

次ページからのポイント

宗教多元主義とは

世界が平和共存するためには

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年3月号記事  シャルリー・エブド紙襲撃事件  テロ  イスラム国  宗教融和  イスラム教  ユダヤ教  キリスト教  宗教多元主義  チェスター・L・ギリス  著名知識人  

Menu

Language