他民族を差別したのか? - 日本軍は世界一人道的だった - 「永遠の0」も描かなかった真実 Part3

他民族を差別したのか? - 日本軍は世界一人道的だった - 「永遠の0」も描かなかった真実 Part3

 

2015年3月号記事

 

「永遠の0」も描かなかった真実

日本軍は世界一人道的だった

 


contents

 

 

Part3 人種問題

 

日本軍は、ナチスのように他の民族を差別したのでしょうか。

 

ウソ 日本軍は他民族を差別した

 

真実 迫害に苦しむ人々を助けた

 

 

いち早くユダヤ人保護に動いた日本軍

敦賀への上陸を待つユダヤ人。

 大戦中、欧米諸国さえもナチスを恐れ、迫害されたユダヤ人を見放す中、日本軍は、ユダヤ人保護に奔走しました。

 1940年前後、ユダヤ人はリトアニアなどからシベリア鉄道に乗り、満州に逃れてきました。知らせを受けた日本政府内では、難民の受け入れに慎重論が出ましたが、満州の樋口季一郎少将が五族協和を説いたことで、ユダヤ人の入国が許可されました。

 日本軍がユダヤ人保護に動き出したことで、民間人もユダヤ人に温かく接しました。着のみ着のままで逃げ出した難民に、憐みを感じた日本の旅行代理店「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」(現在のJTB)の満州の職員は、彼らの持ち物を自腹で買い取り、切符代を捻出してやりました。

 また、満州から日本経由でアメリカに渡ろうとするユダヤ人もいました。その中継地である福井県敦賀では、地元住民がリンゴなどを無償で提供し、温かい風呂に入れてやりました。

 ある時計店の店主は、ユダヤ人が空の財布を見せて空腹を訴えたため、彼らの時計や指輪などを買い取ると、ユダヤ人は近くのうどん屋に駆け込んだといいます。ユダヤ人は後年、「敦賀の町が天国に見えた」「畳の上の温もりがうれしかった」などと語っています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

 

次ページからのポイント

日本の敗戦とともに自決した中国人がいた

日本軍は人種差別と戦いユダヤ人を救った

八紘一宇の真実

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年3月号記事  日本軍  人道的  ユダヤ人  人種差別  八紘一宇  ベン=アミー・シロニー  そもそも解説  著名知識人  

Menu

Language