沖縄を見捨てたのか? - 日本軍は世界一人道的だった - 「永遠の0」も描かなかった真実 Part4

沖縄を見捨てたのか? - 日本軍は世界一人道的だった - 「永遠の0」も描かなかった真実 Part4

 

2015年3月号記事

 

「永遠の0」も描かなかった真実

日本軍は世界一人道的だった

 


contents

 

 

Part4 沖縄戦

 

日本軍は沖縄を見捨てたという主張が、自虐史観の一つになっています。その真相を探ります。

 

 沖縄戦は、日米最大の激戦となり、10万人近くの沖縄県民が犠牲になりました。

 命を奪ったのは米軍ですが、GHQの占領を経て、沖縄のマスコミは、「日本軍は沖縄を見捨てた」と主張しています。

 しかし実際には、日本軍は沖縄を見捨てていません。その証拠に、戦艦大和を含めた「特攻作戦」を行い、命を懸けて沖縄県民を守ろうとしました。

 

ウソ 日本軍は沖縄を見捨てた

 

真実 特攻や玉砕などで沖縄を守ろうとした

 

 

特攻は無駄死にではない

沖縄戦に出撃した陸軍特攻誠第119飛行隊に所属した10代の若者たち。みな一様に笑顔を見せている。

 日本軍は沖縄を守るために、約9万人の兵士が命を落としました。大和も、沖縄の浅瀬に乗り上げて「陸の砲台」となり、全弾撃ち尽くした後、乗組員全員が米軍に切り込む計画で出撃しました。

 また、戦闘機約1900機が出撃し、約3千人が戦死しました。太平洋戦争での特攻の死者は、沖縄戦が最大です

 さらに、この特攻は「無駄死に」ではありませんでした。沖縄戦に参加した米艦隊は、沈没30隻以上、損傷300隻以上という被害を受けました。米軍の被害としては、最大のものです。

 沖縄の特攻をめぐって、こんなエピソードがあります。

 藤井一中尉は、熊谷陸軍飛行学校の教官として、特攻する若い飛行兵を育てていました。教え子が次々に特攻に行くことに耐えかね、特攻に志願。しかし、教官という立場により、許可が降りませんでした。すると、当初、特攻に反対していた妻の福子さんが、3歳と1歳の2人の子供に晴れ着を着せて、飛行学校の近くの川で入水自殺。遺書には、こう書かれていました。

「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、思う存分の活躍ができないでしょうから、一足お先に逝って待っています」

 妻子の遺体のそばで号泣した藤井中尉は、その後3度目の志願が認められ、沖縄戦で散華したのでした。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

 

次ページからのポイント

日本軍は住民に「生き延びろ」と指示した

大和は支援物資を積載し沖縄県民を見捨てず、日本軍は人命保護に全力を注いだ

中国のプロパガンダとは

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年3月号記事  日本軍  人道的  軍規  南京大虐殺  沖縄戦  惠隆之介  大川談話  自虐史観  憲法改正  世界平和  そもそも解説  著名知識人  

Menu

Language