2015年の要注意トレンド 「ピケティ」の主張を5分だけ学ぶ

2015年の要注意トレンド 「ピケティ」の主張を5分だけ学ぶ

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』が、大きな話題を呼んでいます。

 

 

同書は、3月米国で発売されるやいなや、米アマゾンで売上ランキングのトップに躍り出ました。日本でも主要な経済誌が特集.昨年12月に日本語訳が出版されてからは、各地の書店で山積みになっています。

 

また、この内容を引用した「アベノミクス批判」や、「日本の格差批判」も噴出。同書は、左翼的考えを持った人たちを勢いづかせ、今後の日本経済にも大きな影響を与える可能性があります。

 

 

読む必要はないが、知っておくべき『21世紀の資本』

しかし、この本をまともに読む必要はありません。日本語版で800ページもある上に、難解な学術的文章が続いています。しかも、内容のほとんどが「史料」の検証。つまり、情報分析の羅列です。

 

ただ、2015年のトレンドを知るにあたり、「ピケティがどんなことを言っているのか」「なぜここまで売れているのか」「その内容にはどんな問題があるのか」ということは知っておくべきでしょう。本欄では、経済学初心者向けに、その内容を簡単に解説いたします。

 

ピケティの800ページにわたる主張を簡単に要約すると、以下のようになります。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: ピケティ 経済  

Menu

Language