2014年衆院選 衆院選で3分の2議席獲得 - 安倍政権は憲法改正に踏み込めるか

2014年衆院選 衆院選で3分の2議席獲得 - 安倍政権は憲法改正に踏み込めるか

衆院選投開票翌日、自民党本部で開いた記者会見で今後の抱負を語る安倍首相。写真:新華社/アフロ

 

2015年2月号記事

 

2014年衆院選

 

衆院選で3分の2議席獲得

安倍政権は憲法改正に踏み込めるか

 

2015年秋に予定していた消費増税を延期することについて「国民の信」を問いたいとして行われた師走の衆院選。大方の予想通りに与党の勝利に終わり、選挙前後で与野党の勢力関係に変化はない。だが、低迷する景気、中国の覇権拡大への備えなど、日本の政治課題は山積している。

 

 衆参のねじれを解消し、政権与党の座を取り戻した2年前に続き、今回の衆院選でも自民党が圧勝した。公明党と合わせ、衆院の3分の2を上回る326議席を獲得。安倍政権が一定の信任を得た形だ。

 憲法改正の発議に必要な議席を獲得したことで、「警戒論」も出始めている。中国国営の新華社通信は、投開票日翌日の12月15日、「憲法改正も早晩、日程に上るだろう」との論評を出した。朝日新聞も、憲法改正への直接的な警戒論は避けたものの「勝利すなわち白紙委任ではない」とけん制している。

 

 

中国の横暴を放置してきた自民党政権

 だが、日本を取り巻く安全保障環境を冷静に見れば、憲法改正は待ったなしだ。11月の沖縄県知事選では、辺野古移設に反対する翁長雄志知事が誕生。今回の衆院選でも、沖縄県にある4つの小選挙区すべてで、移設反対の野党議員が勝利した。

「反基地」「親中路線」の世論が沖縄を席巻すれば、本当に沖縄から米軍が撤退するかもしれない。そうなれば、日本はいよいよ「自主防衛」を真剣に考えざるを得なくなる。

 中国は次々と軍備を拡大し、南シナ海の島々の領有権を主張して東南アジア諸国と衝突を繰り返している。10月には、小笠原諸島に中国船が大挙して押し寄せ、サンゴ礁を密漁するなど日本への「挑発行為」も行っている。

 さらに中国は、6月に南京事件と従軍慰安婦の問題をユネスコの世界記憶遺産に登録申請し、選挙戦の最終日にも、南京事件の追悼式を初めて国家主催で行った。戦後70年の節目である2015年に向けて、「歴史戦」を本格的に展開し、日本を国際社会で追い詰めようという動きだ。

 こうした中国の横暴に対して、与党自民党は有効な手を打ってこなかったが、これ以上、問題の先延ばしは許されない。そろそろ、基地問題、歴史認識問題にケリをつけて、憲法改正、自主防衛体制の強化に舵を切るべきだろう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年2月号記事  2014  衆院選  衆議院選挙  アベノミクス  憲法改正  中国  自民党  公明党  安全保障  国防強化  減税  幸福実現党  

Menu

Language