「霊言学」のすすめ - 500人超の霊言を研究する - Part3

「霊言学」のすすめ - 500人超の霊言を研究する - Part3

 

2015年2月号記事

 

Part 3

 

現象の検証(3)

霊言現象にどんな法則があるか

 

霊言の内容について検証してきたが、ここではその現象に迫りたい。一般的な霊言現象を概観し、幸福の科学における霊言現象の特徴をふまえた上で、実際に霊言を行ったことのあるスピリチュアル・エキスパートの体験を検証する。


contents

 

神降ろしには精密な条件が必要

霊言の仕組みとは?

 

 古今東西の「霊言」を比較すると、4つの役割で成り立っていることがわかる

 まず、霊を身体に入れることができる「チャネラー(霊媒)」。霊を呼ぶ能力を持つ「導師」。霊の正体を見抜く「審神者」。そして、神を降ろす場合、物理的・霊的に整えられた「神域」が必要だ。

 

 

日本で見られる様々な神示

 最もわかりやすい例は、日本神道の神託だ。『古事記』には、神功皇后(チャネラー)が神がかりになり、政治に関する神の言葉を語る様子が記されている。その際、一人が霊を降ろすために琴を弾き(導師)、一人が霊と対話をした(審神者)。また、「沙庭」と呼ばれる浄化された空間も用意された(神域)。神域をつくることは、神社に境内があることや、しめ縄を張る風習として残っている。

 日本の新宗教も、「霊言」から始まったものが多い。大本教ができたきっかけも、出口なお(チャネラー)に神がかかり、出口王仁三郎(審神者)が「この神は日本書紀に出てくる国之常立神だ」と判定したことだ。天理教も、中山みき(チャネラー)に「天理王命」と名乗る霊がかかったことから始まっている。

 立正佼成会の初期にも、長沼妙佼(チャネラー)が神示を降ろし、その内容を開祖の庭野日敬(審神者)が法華経に照らし正当性を判断していた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年2月号記事  大川隆法  霊言  チャネラー  神示  預言  世界宗教  

Menu

Language