小説『坂の上の雲』のまちを旅して

小説『坂の上の雲』のまちを旅して

2010年1月号記事

 

今秋(2009年)よりNHKスペシャルドラマで放映

〝公〟に尽くした青年たちの気概

  小説『坂の上の雲』のまちを旅して

 

 

 ビジネスマンのバイブルといわれ、絶大な人気を誇ってきた司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』。

 日本陸軍騎兵の創設者秋山好古、日本海海戦を勝利に導いた弟の秋山真之兄弟と、真之の親友であり近代俳句の祖といわれる正岡子規ら主人公たち、あるいは多くの日本人たちが近代化をめざして明治という時代をいかに生きたかを描いた作品だ。

 物語は、当時、四国の小さな町だった松山から静かに幕を開ける。

(編集部 木藤文人)

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 坂の上の雲  司馬遼太郎  秋山好古  秋山真之  正岡子規  

Menu

Language