幸福の科学は学問を超えている - 「南原繁『国家と宗教』の関係はどうあるべきか」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

幸福の科学は学問を超えている - 「南原繁『国家と宗教』の関係はどうあるべきか」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

2015年1月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

幸福の科学は学問を超えている

「南原繁『国家と宗教』の関係はどうあるべきか」

11月6日 幸福の科学総合本部

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 大川総裁は内村鑑三と矢内原忠雄に続き、無教会派キリスト教徒で東京大学総長を務めた南原繁の霊を呼び、国家と宗教の関係について話を聞いた。

 

 

カントは最終的に神を頼った

 戦前、国家神道による宗教や学問への弾圧を経験した南原氏の霊は、戦時中はどの国も全体主義に近づくが、ファシズムか否かは「哲学のなかに自由という概念が存在するかどうか」にあると指摘。宗教は道徳や哲学の上位概念であり、国が提唱する道徳が「信教の自由」や「学問の自由」を抑圧してはならないと主張した。

 南原氏はカント哲学に造詣が深かったが、「カントは宗教を学問から切り離した」という見方は完全に間違いであると看破。カントが説いたのは「思考の方法論」であり、最終的には全て宗教に頼っていたとした。そして、価値判断しない学問の現状にも厳しい批判を加えた。

 南原氏は生前、「全面講和」を唱えて吉田茂内閣と対立した。今の日本の政治情勢について聞くと、政治はあくまでリアリズムであり、日本は国防面でも自立していくべき時であると明言。今の中国の独裁的な軍事体制を前に、「憲法9条・平和主義」を唱える日本人は頭が悪いと痛烈に批判した。

 南原氏の霊は、政治における「複数性」の意味や学問とジャーナリズムの関係、天皇制の本質などについて、生前の考えを交えながら様々に語った。

 また、幸福の科学は複数性を認める寛容な宗教であるとし、その思想を「学問のレベルをとっくに超えている」と評し、教育事業での成功を激励した。

 世界を導く原動力は、「学問の自由」を守る情熱と感化力であることが分かる霊言となった。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年1月号記事  大川隆法  公開霊言  南原繁  無教会派キリスト教徒  東京大学総長  国家  宗教  カント  

Menu

Language