「かくあるべし」に縛られる現代人に説く幸福論 - 「荘子の人生論」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

「かくあるべし」に縛られる現代人に説く幸福論 - 「荘子の人生論」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

 

2015年1月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

「かくあるべし」に縛られる現代人に説く幸福論

「荘子の人生論」

10月21日 幸福の科学教祖殿大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 孔子、老子に続いて、大川総裁は中国を代表する思想家である荘子の霊言を行った。孔子と老子はやや人間離れしたスケール感だったが、荘子はどんな人生論を語ったのか。

 

 

「救済など必要ない」

 老荘思想の流れの中には、霊界や神秘思想が数多く登場する。そこで、荘子の霊に中国の霊界思想について尋ねると、「そんなものはないよ(中略)。ただ、迷っている人と迷っていない人の差だ」と一蹴。文明化が人間を堕落させたという視点から、厭世的な人生論を展開した。

 老荘思想の「遊」や「無用の用」などを荘子自ら解説し、聴聞者を絶句させる禅問答のような発言を繰り返した。

 そして、現代人は皆、「人間とはかくあるべしみたいな考え方に縛られ過ぎてて、まったく面白くない」と批評。その原因として、学校教育と仕事をしなければ生きていけない社会システムの2つを挙げた。

 その一方で、現代はあり余る選択肢が用意されている時代であり、人生に挫折してどん底に落ちていると思っているような人は、考え方が甘いのだと叱責する一幕もあった。

 現代には唯物論が広がっており、神秘思想の大家である荘子の霊界観は、やはり知りたいところ。仏教やキリスト教など、世界宗教はあの世の天国地獄を説き、魂の浄化を人類に教えてきた。しかし荘子は、天国地獄を認めながらも、「なぜ、救済する必要があるのか。それぞれ自分が好むところに行っているだけ」と、達観した立場を貫いた。

 荘子は他にも、恋愛観や結婚観について大胆な議論を展開。終盤は「美」の本質についても言及し、人生論を芸術的な観点から語ってみせた。

 総じて、自助努力型の視点から離れた人生論となり、中国思想の独創性を改めて証明する内容となった。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2015年1月号記事  荘子  救済  老荘思想  中国思想  公開霊言  大川隆法  

Menu

Language