「聖」の領域に国家は介入できない

「聖」の領域に国家は介入できない

 

2010年2月号記事

 

誤解に基づく宗教税制論議

「聖」の領域に国家は介入できない

 

 

政府税調で「課税」提起

 

 政府の税制調査会で10月下旬、委員の一人である経済産業副大臣がある提案を行った。

 「宗教法人の税制について少し御検討いただけませんか。これはやはり国民的な視点から言えば、問題ありという声が多いんです (中略)。国民的な視点からすれば、宗教法人に対する税のあり方というものを、私は民主党だからこそ見直すべきではないかという気がいたしております」

 深刻な税収不足に苦しむ現政権の副大臣が「見直し」という言葉を使う以上、「宗教法人の非収益活動に対しても課税する」ことを意味するのであろう。

 しかし、この問題提起には大きな誤解があるようだ。そもそも「宗教がなぜ非課税なのか」が十分理解されていない。

 

特権ではない宗教「非課税」

 

 前提として押さえておかなければならないことは、「法人税は所得税の前払い」という日本やヨーロッパの制度原理からすれば、宗教の「非課税」は特権ではないということだ。

 非営利組織である宗教法人は利益を構成員で分配しない。利益を分配しないのであれば、いくら余剰資金が発生しようとも、基本的に法人税の課税対象は存在しない。これが「非課税」の一つの根拠であり、特権が与えられているのではないのだ。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 宗教税制論議  国家  介入  特権    宗教  非課税  

Menu

Language