信仰に飛び込めることが女性の幸福 - 「卑弥呼の幸福論─信仰・政治・女性の幸福─」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

信仰に飛び込めることが女性の幸福 - 「卑弥呼の幸福論─信仰・政治・女性の幸福─」  - 大川隆法総裁 霊言レポート

 

2014年12月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

信仰に飛び込めることが女性の幸福

「卑弥呼の幸福論─信仰・政治・女性の幸福─」

9月21日 幸福の科学教祖殿大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

卑弥呼の幸福論

卑弥呼の幸福論
信仰・政治・女性の幸福

大川隆法著

幸福の科学出版

 大川総裁は、キリストやソクラテスなどの「幸福論」シリーズの一つとして、邪馬台国の女王・卑弥呼の霊を招霊し、女性の幸福論について聞いた。

 

 

神様と一体となる幸福

 女性の社会進出によって、日本でも共働きの家庭が増え、少子化の波が押し寄せている。欧米の先進国では、家庭崩壊に加えて同性婚の問題が紛糾するなど、男女の性差がなくなりつつある。現代において、女性の幸福論はどう捉えればよいのか。

 卑弥呼の霊はまず、日本には武士の心と調和の心があり、神は能力主義による弱肉強食の世界を望まれていないと述べた。

 そして、同性婚を容認する国が増えている現状に対して、「ある意味、神様への反乱ではないかという感じがしています」と率直に語り、魂における尊厳は平等であっても、男女の役割には違いがあることを明確に認める立場を示した。

 また、男女平等を求めることで、女性の自我が増大することに警鐘を鳴らしつつも、一方では、傑出した才能を持つ女性が、それを活かせる道を残す必要性にも言及した。

 卑弥呼の霊はさらに、地上の人間が霊的世界を見失っている状況を問題視。多数が信仰を失っている中での民主主義は、必ず間違った結論を導き出してしまうと危惧し、近代以降の社会契約説などに疑問を呈した。

 後半、卑弥呼の霊が女性の幸福論として強調したのは、神への信仰心だった。賢いと言われなくても、信仰に一気に飛び込めることは幸福なことであり、この点で女性は優れていると鼓舞。信仰と愛の大切さを情熱的に語り、「神様が来てくださって、一体になる感じが、私の幸福感です」と自らの幸福論を述べて、霊言を締めくくった。

 女性のみならず、すべての現代人に必要な幸福論が示されたといえる。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2014年12月号記事  大川隆法  公開霊言  卑弥呼  女性  幸福  信仰  神様と一体  

Menu

Language