儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった - 「孔子、『怪力乱神』を語る」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった - 「孔子、『怪力乱神』を語る」 -  大川隆法総裁 霊言レポート

 

2014年12月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

儒教は魂を浄化し高度な精神を目指すものだった

「孔子、『怪力乱神』を語る」

10月11日 幸福の科学教祖殿大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 孔子は、「子、怪力乱神を語らず」と説いているため、霊的世界を否定したのだと誤解する向きもある。大川総裁は、改めて孔子に霊的世界について話を聞いた。

 

 

霊的真実に基づく「智・仁・勇」

 孔子の霊は、「私たちの時代は、あの世を信じている人が主力だった」とし、儒教はもう一段の精神的向上を目指した学問だったと、当時の様子を述べた。

 そして、一括りに霊と言っても、実は「魂」と「魄」で違いがあることや、葬式や法要の意義など、霊的世界について解説した。

 儒教の中心概念である「智・仁・勇」の徳目についても、「魂を浄化させて、高度な精神性を持った人間になることを目指していたのは明らか」だと述べ、霊的世界を前提とした「智・仁・勇」の真意について語った。

 だが、現代の中国では唯物論・無神論が広がっており、死後、自分が霊になったことを理解できない人が多いのだという。加えて、習近平氏は、覇権主義と人権弾圧を広げようとしている。

 孔子は、そうした中国の現状を踏まえて、14億の民をこれから待ち受けている衝撃の未来についても言及。孔子が構想するその対応策もまた、人知を超える内容だった。

 儒教の祖としての孔子のイメージを超えた、予想外の霊言となった。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年12月号記事  大川隆法  公開霊言  孔子  儒教    浄化  あの世  霊的真実  怪力乱神  智・仁・勇  

Menu

Language