「北朝鮮は、平和を愛する諸国民」 - 「元社会党委員長 土井たか子の霊言 死後12日目の緊急インタビュー」 - 大川隆法総裁 霊言レポート

「北朝鮮は、平和を愛する諸国民」 - 「元社会党委員長 土井たか子の霊言 死後12日目の緊急インタビュー」 -  大川隆法総裁 霊言レポート

 

2014年12月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

「北朝鮮は、平和を愛する諸国民」

「元社会党委員長 土井たか子の霊言 死後12日目の緊急インタビュー」

10月2日 幸福の科学教祖殿大悟館

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 憲法9条堅持と平和主義を掲げて社会党委員長となり、女性として史上初めて衆院議長を務めた土井たか子氏。大川総裁は、今後の日本政治の舵取りを考える趣旨で死後12日目の土井氏の霊を招霊した。

 

 

社会党はキリスト教精神そのもの

 土井氏の霊は冒頭、「亡くなって、霊になった自覚があるか」という質問に対し、「なんで亡くなるわけ? いるよ」と述べ、自分の死を理解していない様子。生前、キリスト教の信仰に触れていたものの、あの世の存在を理解するのは難しい状態だった。

 最近の政治状況については、「安倍さんになってからは、もう本当に、日本は崖から転げ落ちるような感じだからねえ」と語り、"軍国主義の復活"に向かっているとの見解を示した。

 一方、尖閣諸島沖や南シナ海で軍事的脅威となっている中国は、昔から平和な国であり、戦争を仕掛けるような国ではないと断言した。

 土井氏は社会党時代、北朝鮮の拉致問題を解決しようとした小泉首相を糾弾した。この問題について改めて聞くと、戦時中に日本が朝鮮人を"何十万人も拉致"したことを考えれば「ほんの些細なこと」だと発言。北朝鮮にもっと食糧支援などをしたかったと、本音を吐露した。

 日本国憲法こそが正しいと主張する土井氏の霊は、韓国の慰安婦・竹島問題や戦後のアメリカの正義、原発問題など様々な論点について自説を展開した。

 土井氏は最後まで、自分の考えは「キリストの精神に照らして、一点の間違いもない」と主張したが、自らの死を理解できずに迷っている現状を見れば、その宗教的・政治的信条に誤りがあったことは否定できない。

 一時代を築いた戦後左翼思想の間違いは、今後も明らかになっていくだろう。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年12月号記事  大川隆法  公開霊言  土井たか子  社会党  拉致  北朝鮮  

Menu

Language