大川裕太総裁室チーフ講話「Go Beyond the Limit(限界を超えて)」 - 強い信仰心が限界突破の鍵 - 講話レポート

大川裕太総裁室チーフ講話「Go Beyond the Limit(限界を超えて)」 - 強い信仰心が限界突破の鍵 - 講話レポート

 

2014年12月号記事

 

大川裕太総裁室チーフ講話抜粋レポート

 

強い信仰心が限界突破の鍵

大川裕太総裁室チーフ講話 「Go Beyond the Limit(限界を超えて)」

9月21日 アメリカ・ニューヨーク支部精舎

 

 

 大川裕太総裁室チーフは、約1カ月のアメリカ視察の最後にニューヨーク支部精舎を訪れ、信仰心によって自らの限界を突破していく方法について英語で講話を行った。

 

 

教えの実践が取り巻く状況を変える

 裕太氏は冒頭、アメリカは建国から短期間で世界の中心となった奇跡の国であり、限界を突破する方法を示してきたと称賛。その理由として、アメリカ人が神の願いを実現するために、献身的に努力を重ねてきたことを挙げ、「アメリカ人は、神への強い信仰心を持っていたから、限界を超えることができた」と述べた。

 しかし、現代では、科学の発展や唯物論の影響によって、アメリカ人は信仰心を失い始めていると指摘。こうした流れに対して、キリスト教は説得力を持って反論できない状態にあり、近年、アメリカが衰えている原因も、信仰心の低下にあるとの見方を示した。

 裕太氏は次に、限界を超える具体的な方法を提示。日々の生活や仕事の中で、仏法真理を実践する努力をすることによって、自分を取り巻く状況は変わってくると断言した。

 さらに、「挫折や困難からリバウンドする力」の大切さや、「一日一生」の観点から人生を考え直すことの意義について詳しく述べた。限界を超える方法の最後には、強い信仰心を持つことを挙げ、「不可能なことは何もない」とニューヨークの人々を力強く鼓舞した。

 質疑応答では、成功するためには、大中小3つの目標設定が大事であることや、ニューヨークの人々には成功と心の内なる幸福の両方が必要であり、その幸福はあの世にまで続くことが大切であると語った。夢と希望を感じさせる講話となった。

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2014年12月号記事  大川裕太  講話  教え  実践  限界突破  挫折  困難  リバウンド  

Menu

Language