ノーベル平和賞候補にノミネート - 「憲法9条」は人権弾圧を呼び込む - The Liberty Opinion 2

 ノーベル平和賞候補にノミネート - 「憲法9条」は人権弾圧を呼び込む - The Liberty Opinion 2

 

2014年12月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

ノーベル平和賞候補にノミネート

「憲法9条」は人権弾圧を呼び込む

 

 2014年のノーベル平和賞受賞者が、女子教育の権利を唱えたパキスタンの女子学生マララ・ユスフザイさんと、インドの児童労働問題の活動家カイラシュ・サティヤルティさんに決まった。人権抑圧と戦っている2人は、平和への貢献を讃えられるにふさわしい。

 しかしその裏で、見逃してはならない出来事があった。「憲法9条を持つ日本国民」が平和賞候補にノミネートされたことだ。発端は、神奈川県の主婦が市民団体を立ち上げて署名活動を行い、委員会に推薦状を送ったこと。

 10月3日には、平和賞の予想を行う「オスロ平和研究所」も、「9条」を最有力と発表。研究所のハルプビケン所長は日本のメディアに、「ウクライナや東アジアなど各地で緊張が高まっている今こそ、日本の憲法9条の価値が国際的に認識されるべきだ」と述べた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年12月号記事  オピニオン  ノーベル平和賞  憲法9条  韓国  中国  人権弾圧  

Menu

Language