中国バブルはなぜ潰れない!? 恐ろしい「習近平の経済学」 - そもそも解説

中国バブルはなぜ潰れない!? 恐ろしい「習近平の経済学」 - そもそも解説

 

2014年11月号記事

 

そもそも解説 

 

中国バブルはなぜ潰れない!? 恐ろしい「習近平の経済学」

 

「明日にでも崩壊する」かのような

騒がれ方をしている中国経済。

この先、どうなるのでしょうか。

分かりづらい「バブルの構造」や、

「中国経済の考え方」について、

専門家のインタビューを交えて解説します。

(編集部 山下格史、馬場光太郎、飯田知世)

 

シャドーバンキング? 闇金のコト? 本誌P.54


中国バブルは深刻だね。(詳しく知らないケド) 本誌P.56


共産主義 毛沢東主義 資本主義……
さっぱり わからない……。 本誌P.58


中国のアフリカ進出。何か問題でも? 本誌P.59


中国が戦争? 経済が大変でそれどころじゃないでしょう? 本誌P.60

 

 

 中国経済って、強いのでしょうか。弱いのでしょうか。

 近年、世界第2位の経済大国にまで急成長。中国企業はアジア、アフリカ、ヨーロッパに、どんどん進出しています。

 一方で、「バブル経済が崩壊する」という指摘もあります。ゴーストタウンが増え、「中国の不動産価格が下がり始めた」というニュースも流れています。バブルが崩壊して失業者や倒産が増えれば、各地で反政府運動が起きて一党独裁体制が崩壊する、という見方もあります。

 中国経済の行方は、日本の未来に大きな影響を与えます。中国と取引のある企業は多く、尖閣諸島の危機をはじめ、政治的にも、目を離すことができません。バブル崩壊をきっかけに、体制ごと崩壊して、民主化してくれるといい──。そんな期待もしてしまいます。

 知っているようで知らない、中国の経済、政治の行方について、見ていきましょう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年11月号記事  中国  習近平  経済  中国バブル  共産主義  シャドーバンキング  アフリカ進出  植民地主義  軍事力  田村秀男  石平  

Menu

Language