北朝鮮が人権報告書を公表 「最も重要な人権は国民主権」

 

北朝鮮は、自国の人権に関する報告書を公表し、「国民は真の人権を享受している」と主張した。また、2月に国連の調査委員会から人権侵害が行われていると認定されたことについて、重大な誤解があるとし、報告書の中で反論した。このほどウォール・ストリート・ジャーナル電子版が報じた。

 

今回の報告書では、北朝鮮における最も重要な人権は国民主権とし、国民は拷問を受けたり、奴隷化されない権利、自由に宗教を信じる権利、選挙に立候補する権利を持つなどと記している。

 

また、報告書には「人権」という単語が700回あまり登場。「70年の歴史の中で形成された北朝鮮の人権制度は、政治、経済、文化を含む社会生活の全分野で人民の人権を保障する優れた制度だ」と自画自賛している(16日付CNN電子版)。

 

しかし、この主張を誰がまともに受け止めるだろうか。

 

これに先立つ、北朝鮮の人権に関する国連の調査委員会の2月の報告書では、400ページにわたって北朝鮮では人権侵害が行われていると批判。北朝鮮は、非人道的な国家という事実は世界の共通認識だ。

 

北朝鮮は昨年12月、親中派である張成沢氏を粛清して以来、中国からのエネルギーや食糧の輸入が大幅に減るなど、中国との関係が悪化。中国も7月、習近平・国家主席が北朝鮮よりも韓国への訪問を優先するなど、北朝鮮から距離をとっている。

 

経済的な後ろ盾を失った北朝鮮は同月、日本に照準を合わせ、拉致問題の解決に向けた姿勢を見せて、安倍政権を取り込もうと躍起になっている。

 

ただ、北朝鮮が自国民を奴隷化して働かせたり、他の国民を拉致・監禁するなどの非人道国家であることに変わりはない。

 

6月には観光ツアーで北朝鮮を訪れたアメリカ人男性が、滞在先のホテルに聖書を置き忘れたという理由で拘束された。また、7月下旬には、首都・平壌市で、参議員・アントニオ猪木氏のプロレス興行イベントが開かれたが、このイベントの同行を希望して、必要書類を提出していた本誌編集者には、なぜかビザが下りなかった。

 

安倍政権は拉致問題の解決について賢い振る舞いが求められるが、たとえ、多くの拉致被害者を帰国させることができたとしても、その先には、国際社会と連携した金正恩政権の打倒、東アジア地域の平和と繁栄の実現という大義を見失ってはならない。(冨)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃!』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=939

 

【関連記事】

2014年5月25日付本欄 【及川幸久の自虐史観を撃つ】北朝鮮の人権侵害についての国際世論を喚起せよ(前編)

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7906

 

2014年4月号記事 「北朝鮮強制収容所に生まれて」に出演の脱北者 申東赫氏スペシャル対談 - 釈量子の志士奮迅 [拡大版]

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7405

 

2014年2月号記事 「張成沢粛清」 金正恩霊言どおりの展開 - The Liberty Opinion 5

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7083

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language