現地ルポ・沖縄が「中国領」になる日 - 11月県知事選で命運が決まる

現地ルポ・沖縄が「中国領」になる日 - 11月県知事選で命運が決まる

 

2014年10月号記事

 

現地ルポ

 

沖縄が「中国領」になる日

11月県知事選で命運が決まる

 

沖縄では、9月に統一地方選、11月に県知事選が行われる。だが、水面下では「琉球独立論」がくすぶり、「中国の属国化」への動きも見られる。現地を訪れ、沖縄の未来について考えた。

(編集部 山本慧)

 

 

「沖縄が日本から独立すれば、日本経済の3分の1に当たる損害を与えることができる!」

 8月上旬、那覇市内の雑居ビルの一室で行われた、琉球独立を訴える政治団体「かりゆしクラブ(注)」の会合。出席したアジア沖縄経済研究所の宮城弘岩代表は、強い調子で訴えた。

 沖縄独立に関する著作を持つジャーナリストの比嘉康文氏も、「日本、中国、アメリカと、対等な関係を維持する独立の形態があるはず」と語気を強めた。

 また、参加者は、なぜか旧ソ連の国歌で、現在でも中国共産党の党大会で歌われている、世界的に有名な社会主義革命歌「インターナショナル」を合唱。「独立」への思いを一つにした。

 

 

琉球独立派に弔電を送る県知事選候補の翁長市長

 この会合は、同クラブの屋良朝助代表の姉・光子氏が、7月に亡くなったことを受けて開かれた「お別れ会」。記者は、「琉球民族独立総合研究学会」(上コラム)の会合だと勘違いしていたため、引き返そうとしたが、主催者に呼び止められ、参加に至った。

 会合は15人足らずの小さなものではあったが、集まった人々は「琉球独立」を真剣に考える、地元では有名な活動家ばかりだった。

 会合の中盤、光子氏に寄せられた、ある一通の弔電が読み上げられた。

 

「ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈り致します。

那覇市長 翁長雄志」

 

 居心地の悪さを感じ、早く帰ろうと機会をうかがっていた記者は、その瞬間、座っていたイスからずり落ちそうになった。

 市長である翁長氏が、なぜ琉球独立を唱え、革命歌を熱唱する会合にわざわざ弔電を送るのか。翁長氏は、11月に行われる沖縄県知事選の最有力候補でもあるのだ。

(注)1970年に発足した「琉球独立党」を前身とし、尖閣諸島は日本領ではなく沖縄領などと主張。近年は東京などでも活動を展開している。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年10月号記事  沖縄  知事選挙  中国領  琉球独立  龍柱  惠隆之介  坂東忠信  翁長市長  

Menu

Language