日本とドイツもう謝罪は要らない - 日独は「誇り」を取り戻せ Part1

日本とドイツもう謝罪は要らない - 日独は「誇り」を取り戻せ Part1

2014年9月号記事

 

来年戦後70年

 

日本とドイツもう謝罪は要らない

日独は「誇り」を取り戻せ

 

敗戦国の日本とドイツは、今でも反省と謝罪を求められる。両国は謝り続けなければいけないのか。戦勝国アメリカに非はないのか。戦争の勝ち負けだけが、「正義」を判定する基準ではないはずだ。戦後70年にあたる2015年を前に、先の大戦の「正義」を検証する。

(本誌編集部)

 


contents

 

 

 毎年夏が近づくと、テレビや新聞では、「戦争」をテーマにした番組や記事が増える。

 しかしその多くが、日本は中国や韓国にひどいことをしたという「自虐史観」をベースにしており、「日本は悪い国だった」と罪悪感を植え付ける内容だ。「ドイツを見習って、日本もちゃんと謝れ!」というものも散見される。

 だが、第2次世界大戦に関して、本当に日本は謝らなければいけないのか。ナチスを生んだドイツはどのように謝っているのか。日本に2つの原子爆弾を落としたアメリカは謝らなくていいのか。

 来年2015年の戦後70年の節目を迎える前に、改めて日本、ドイツ、アメリカの3カ国の「罪」について検証した。

 

  Japan

日本

Germany

ドイツ

The United States

アメリカ

Q:ホロコースト(大量虐殺)をした?
してない

・南京大虐殺は作り話
・アイリス・チャンのうそ

渡部昇一氏Interview 本誌p.24

阿羅健一氏Interview 本誌p.31

した

・ユダヤ人600万人を殺した

田中敏氏Interview 本誌p.37

※人数については諸説ある。
した

・東京大空襲や原爆投下はホロコースト

高橋史朗氏Interview 本誌p. 50

Q:人種差別はあった?
ない

・国際会議で初めて「人種差別撤廃」を主張
・ユダヤ人を国策として救済

ベン=アミー・シロニー氏Interview 本誌p.38

あった

・ユダヤ人を迫害した

あった

・黒人を差別
・排日移民法などで日本人も差別

茂木弘道氏Interview 本誌p. 48

Q:謝罪と賠償はした?
した

・交戦国と講和を結ぶ
・国家賠償で、全ての法的処理を完了

した&してない

・ホロコーストについては謝罪・賠償した

エルンスト・ノルテ氏Interview 本誌p. 41

川口マーン惠美氏Interview 本誌p. 44

してない

・謝罪も賠償もしていない

トーマス・バーガー氏Interview 本誌p. 34

 

続きは2ページ目以降へ

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年9月号記事  日本  ドイツ  謝罪  渡部昇一  南京大虐殺  ホロコースト  東京大空襲  原爆投下  アイリス・チャン  人種差別    

Menu

Language