日本とドイツもう謝罪は要らない - 日独は「誇り」を取り戻せ Part2

日本とドイツもう謝罪は要らない - 日独は「誇り」を取り戻せ Part2

2014年9月号記事

 

Part 2

 

ドイツは何を謝ってきたのか

 


contents

 

 

1995年に「日本の植民地支配と侵略」を謝罪する「村山談話」を発表した村山富市首相(当時)。下は、1970年、西ドイツのヴィリー・ブラント首相が、ポーランドの首都ワルシャワのユダヤ人虐殺の慰霊碑前でひざまづいて献花する様子。

日本とドイツは、第2次大戦の敗戦国として、いまだに謝罪や反省を求められる。ナチスの蛮行そのものは決して許されるものではないが、世界第3位と4位の経済大国が、国連で常任理事国になれないのは、「敗戦国だから」に他ならない。両国はこれからも永遠に謝罪し続けなければならないのだろうか。

(編集部 大塚紘子、長華子、呉亮錫、馬場光太郎、冨野勝寛)

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年9月号記事  ドイツ  日本  戦後  謝罪  補償  トーマス・バーガー  田中敏  ベン=アミー・シロニー  エルンスト・ノルテ  川口マーン惠美  

Menu

Language