【中東レポート】エルドアン政権はトルコ国民を幸福に導くか

【中東レポート】エルドアン政権はトルコ国民を幸福に導くか

 

2014年9月号記事

 

 

中東レポート

 

 

 

城取良太

(しろとり・りょうた)1977年東京都生まれ。2000年、成蹊大学経済学部卒業後、人材コンサルティング業界2社を経て幸福の科学に奉職。10年にHS政経塾に第1期生として入塾。13年に卒塾し、現職。

Webチャンネル「中東熱風録」で中東情報を発信中。

エルドアン政権はトルコ国民を幸福に導くか

 

8月のトルコ大統領選で最有力候補と目されるのが、現首相のエルドアン氏だ。イスラム主義を掲げる公正発展党(AKP)の中心となり、トルコの構造改革と経済発展を推し進めてきた。一方で、その強権的な手法に反発は少なくない。トルコのイスラム事情について、城取良太がレポートする。

 

 

 イスタンブールのタクシム広場前で4月下旬、デモ活動に遭遇した。例年この広場では「メーデー」の集会が行われるが、今年は広場の使用が禁じられた。抗議の声を上げるデモ参加者が、私の目の前で警察車両に連行されていった。

 トルコではここ1年ほど、強権的なエルドアン政権への抗議活動が頻発している。AKPの台頭でイスラム主義が強まり、自由が奪われることに対する国民の警戒心も高まっている。実際、イスタンブールの街中で出会った人の8割方が、エルドアン政権に否定的だった。

 「エルドアンはイスラムを使って、トルコを自分のものにしようとしている。危険な人物よ」

 そう語る私の友人のトルコ人女性(27歳)は、建国の父、アタチュルクを尊敬してやまない。

 トルコは初代大統領アタチュルクの下、急速な近代化を遂げた。飲酒の合法化、ターバンの禁止などの徹底した世俗化主義で、一時は、イスラムは忌み嫌われ、「アッラー」の名を口にすることさえ悪とする風潮が生まれた。時代を経るにつれ、行き過ぎた世俗化は、共産主義の台頭や世俗化を支えた軍の勢力伸張を招いた。その結果、近年のイスラム主義への揺り戻しが起きた

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年9月号記事  トルコ  AKP  エルドアン首相  ギュレン  宗教対立  イスラム  

Menu

Language