日本よ、沖縄よ。 蔡焜燦 台湾のサムライからのメッセージ

日本よ、沖縄よ。    蔡焜燦 台湾のサムライからのメッセージ

Photo & Text by Teru Iwasaki

 

2010年12月号記事

 

 

作家・司馬遼太郎は、親しみを込めて男性を「老台北」と呼んだ。

 世界各地を旅して書かれた短編紀行文集『街道をゆく』の40番目、「台湾紀行」の中で、「老台北」は頻繁に登場する。

 名を蔡焜燦(さいこんさん)という。

 北京に何代も住み続け、中国の上流文化を備える知識人のことを「老北京」と呼ぶが、司馬の眼には、それを台北という言葉に代えて表現したくなるほどの教養人に映ったに違いない。

 蔡さんは、1927年生まれの83歳。日本が統治する台湾の台中・清水で生を受け、日本の教育を受けて育った「日本語世代」の1人だ。

 18歳まで、日本人だった。

 その洞察力は現在も、いささかも衰えを知らない。

 いま、揺れる東シナ海と沖縄、そして日本の将来を、祖国・台湾と同じように我がことのように心配し、見つめる日々が続いている。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 日本  沖縄  蔡焜燦  台湾  サムライ  メッセージ  

Menu

Language