宗教教育は英才教育であり異次元発想の元 - 「早稲田大学創立者・大隈重信『大学教育の意義』を語る」 - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

宗教教育は英才教育であり異次元発想の元 - 「早稲田大学創立者・大隈重信『大学教育の意義』を語る」 - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

 

2014年8月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

宗教教育は英才教育であり異次元発想の元

「早稲田大学創立者・大隈重信『大学教育の意義』を語る」

6月1日 幸福の科学総合本部

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 立憲改進党を結成し、日本初の政党内閣を誕生させ、早稲田大学を創立した大隈重信。幸福の科学大学の創立にあたり、大川総裁は同氏の霊を招霊し、現代の大学教育のあるべき姿について聞いた。

 

 

仕事ができる人材を輩出できる大学を目指す

 大隈重信が創立した早稲田大学は、実学を重んじ、多くの実業家を輩出している。大隈氏の霊は、「実践のなかで鍛えられ、政治や宗教、侍精神など、いろんなものを身につけた人が実学を教えたら、中身が入ってきて、卒業した人は仕事ができるようになる」と語り、さまざまな経験を積んだ教授陣が講義を行う意義を力説した。

 大隈重信は、語学力でも第一級の人物だった。明治政府のキリスト教禁止政策をめぐり、英国公使のパークスを相手に英語で交渉し、日本側の主張を通すことに成功したエピソードは有名だ。幸福の科学大学に対しても、「欧米に渡り合えて、さらに乗り越すところまで」語学力を徹底的に伸ばすことを薦めた。

 

 

戦後の宗教への偏見を打ち破る

 大隈氏の霊は、学問としての力が弱すぎるために価値判断から逃げていると、既存の宗教学を批判。「『これはいい宗教、これは悪い宗教ということは言わないことにします』というのは、科学の分野では通らない」と、善悪を問わず、あらゆる宗教を同じように扱い、論じる現状を嘆いた。

 また、「宗教をやれば不幸になる」という戦後の風潮に苦言を呈し、「信教の自由がないところに言論の自由はない」「宗教教育は基本的に英才教育にあたる。地上にないものを教えてくれるので、異次元発想の元になる」と、幸福の科学教学をベースとした大学教育の可能性を示した。そして幸福の科学大学で学び、「成功型のプラス波動の人間を作り、世の中を元気づけ、勇気づけ、道を開いていく」ことを見せることで、宗教に対する偏見がなくなると情熱を持って語った。

 大隈重信は過去の転生でも、教育や宗教、政治などさまざまな分野に関係した仕事をしてきたようだ。さらに現代の日本に生まれ、幸福の科学大学の設立を推進しようとしていることも判明した。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2014年8月号記事  公開霊言  大川隆法  大隈重信  宗教教育  英才教育  異次元発想  仕事  実践  戦後  宗教  偏見  信教の自由  

Menu

Language