「宇宙開発の父」が語る豊かな発想をするヒント - 「ロケット博士・糸川英夫の独創的未来科学発想法」 - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

「宇宙開発の父」が語る豊かな発想をするヒント - 「ロケット博士・糸川英夫の独創的未来科学発想法」 - 大川隆法総裁 公開霊言抜粋レポート

 

2014年8月号記事

 

公開霊言抜粋レポート

 

「宇宙開発の父」が語る豊かな発想をするヒント

「ロケット博士・糸川英夫の独創的未来科学発想法」

6月18日 幸福の科学総合本部

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 ペンシルロケットの開発者であり、日本の宇宙開発の基礎をつくった糸川英夫博士。探査機の「はやぶさ」が訪れた小惑星「イトカワ」は、糸川博士に敬意を表して名付けられたものだ。

 幸福の科学大学の開学に向けて、航空・宇宙工学のヒントを得るため、糸川博士の霊を招き、同氏の発想法に学んだ。

 

 

独創的な発想力の鍛え方

 糸川博士は宇宙工学のみならず、『逆転の発想』をはじめ、発想法や独創性に関する著書も多い。招霊された糸川博士の霊は、礼拝堂の御本尊に興味を示し、「すべてはイメージなんだ。何を面白く感じるかなんだ」と語った。同じものを見て、どれだけイメージできるかが大事だとして、さっそくその独創的な発想力を披露した。

 とはいえ、他の人と違う発想を膨らませることは、そう簡単なことではない。

 これに対して糸川博士の霊は、「(本業の勉強とは)関係のないジャンルにも関心を持ち、雑情報を集める」と、発想力を鍛える方法を指南した。

 

 

神様がつくられたあらゆるものが研究対象

 糸川博士の霊は、学問が専門分化し過ぎ、狭い分野の研究にとどまっている現状を嘆いた。「航空工学なら、神様がつくった空飛ぶ生き物は全部調べなくては」と、トンボや鳥、虫など、すべてが新しい発明のヒントになりうることを示した。害を及ぼすこともある紫外線や放射線なども、エネルギーや食糧問題を解決する鍵になる可能性があると述べ、「逆さまにしたり、逆に考えたりするところに値打ちがある」と、「逆転の発想」を心がけることを勧めた。

 他にも、地球の引力、自転の力を使った宇宙航行の方法、宇宙人研究の方法など、驚きの発想法が学べる。あらゆるジャンルの研究者にとって、貴重な発明のヒントが得られる内容だ。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

詳しくは⇒⇒⇒
大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年8月号記事  公開霊言  大川隆法  糸川英夫  宇宙開発  はやぶさ  発想力  関心  

Menu

Language