日本はアジアの警察官たれ 東南アジアは「盟主」を求めている Part1

日本はアジアの警察官たれ 東南アジアは「盟主」を求めている Part1

5月4日、中国の石油掘削に抗議するベトナム船(左)に対し、放水する中国海警の船(右)。

 

2014年8月号記事

 

南シナ海危機

日本はアジアの警察官たれ

東南アジアは「盟主」を求めている

 

中国が領土拡大の野心をむき出しにしている。南シナ海では、ベトナムやフィリピンと衝突し、にらみ合いが続く。南シナ海を手中に収めようとする中国の狙いは何か。アメリカはこの海域を守るのか。東南アジア諸国からこの海域への介入が期待されている、日本が果たすべき役割を明らかにする。

(編集部  大塚紘子、山本慧、居島有希、小川佳世子 / HS政経塾 森國英和)

 


contents

 

 

 習近平・国家主席が共産党総書記に就任した一昨年の秋以降、中国の強硬姿勢は激しさを増している。東シナ海では船や航空機が日本の領海・領空を侵犯し、自衛隊の護衛艦に射撃用レーダーを照射するなど、やりたい放題。今年5月、その強硬姿勢は南シナ海でより鮮明になった。

 中国は、ベトナムが領有権を主張するパラセル諸島(中国名・西沙諸島)周辺で石油の掘削作業を始め、これに抗議するベトナムと衝突。中国船がベトナム船に放水したり、体当たりして沈没させたが、ベトナムがこれらの映像を公開すると、中国は「ベトナム側がぶつかってきた」と主張。緊張状態が続く。

 

 

南シナ海は日本の生命線

 南シナ海での衝突は、日本にとって対岸の火事ではない。日本に入ってくる物資の多くが、この海域を通るからだ。

 日本は「産業の血液」と呼ばれる石油の99・6%を輸入しており、このうち8割以上が南シナ海を通って運ばれている。もし中国がこの海域を支配すれば、政治的、経済的な要求を通すために、各国の船の自由な通航は妨げられ、エネルギーや食糧を輸入に頼る日本は危機に瀕する。

 例えば、石油や天然ガス(LNG)は一気に高騰し、これらを燃料にする火力発電の電気代も高騰。プラスチックや衣類、ゴムや洗剤などさまざまな生活用品が店頭から消え、ガソリン不足で車も使えず、モノの輸送も滞り、食糧の確保さえ困難になる。あらゆる工場の生産は鈍くなり、多くの会社が倒産。街には失業者があふれるだろう。

 70年代の「石油ショック」を想起させるが、決定的に違うのは、この混乱が意図的につくり出されるという点。つまり、日本の生殺与奪の権が、中国に握られる。南シナ海のシーレーンは、まさに日本の生命線なのだ。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年8月号記事  特集  アジア  中国  実効支配  日本  平松茂雄  フィリピン  ベトナム  アメリカ  第一列島線  南シナ海  著名知識人  

Menu

Language