中国の「金と力」に揺れる東南アジア諸国 - 日本はアジアの警察官たれ 東南アジアは「盟主」を求めている Part2

中国の「金と力」に揺れる東南アジア諸国 - 日本はアジアの警察官たれ 東南アジアは「盟主」を求めている Part2

 

2014年8月号記事

 

南シナ海危機

日本はアジアの警察官たれ

東南アジアは「盟主」を求めている

 


contents

 

 

PART 2

 

中国の「金と力」に揺れる東南アジア諸国

 

中国は領有権の主張と実効支配を進める一方、ASEANをはじめとする東南アジア諸国と経済関係を深めてきた。領有権問題と経済の中国依存に揺れる東南アジア諸国の事情を探る。

 

 

フィリピンの果物屋の軒先につるされたバナナ。日本が輸入するバナナの9割がフィリピン産だ。2012年、フィリピンは中国向けに生産していたバナナを日本に振り分けて輸出し、日本でのバナナの価格が大きく下がった。

「力による現状変更は容認できない」

 5月末、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、安倍晋三首相は中国を念頭に、そう演説。各国から喝采を浴びたが、それは中国の脅威にさらされた東南アジア各国の苦悩の裏返しでもある。

 急成長を遂げるアジア経済は、中国によって支えられている面が強いからだ。

 

 

影響力を拡大する中国

 

東南アジア諸国との貿易で中国は軒並み上位を占める

 東南アジア諸国連合(ASEAN、注2)の対中国貿易額は、2000年からの10年間で輸出入ともに7~8倍に増えている。また、ASEANを1つの国として見た時、国別の貿易額は、輸出入ともに中国が1位である(右図)。特にカンボジア、ラオス、ミャンマーは、中国から多くの兵器を輸入しており、軍事的な関係も深い。

 中でもカンボジアは、長年日本が経済支援してきたが、10年、中国が援助額で日本を抜いて首位に立った。プノンペン市の「カンボジア日本友好橋」の隣には、中国がより大きな橋を建設。さらに、発電所や港湾、政府庁舎も中国の支援で建てられた。12年、ASEANで中国をけん制する声明を出そうとした際、カンボジアは中国に配慮し、議長国の権限で否決。両国の関係の深さを感じさせた。

 しかし、中国依存は同時に経済や安全保障を危うくする。12年、南シナ海で中国とフィリピンの領有権争いが激化した直後、中国はフィリピンの主要産業であるバナナの輸入を、検疫を理由に制限。その損害額は約18億7千万円に上ったと言われる。

 東南アジア諸国は、自国の経済発展と中国との距離感について常にジレンマを抱えている。

 こうした事情について、今回の衝突の当事国であるベトナムに詳しい小髙泰氏に話を聞いた。

(注2)東南アジアの国々からなる東南アジア諸国連合(ASEAN)は、1967年の「バンコク宣言」によって設立された。加盟国は当初の5カ国から順次増え、現在はインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの10カ国。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年8月号記事  特集  中国  東南アジア  ASEAN  ベトナム  南シナ海  経済成長  海軍  日本  小髙泰  著名知識人  

Menu

Language