急ぐべきはSTAP細胞の存在の証明 - The Liberty Opinion 2

急ぐべきはSTAP細胞の存在の証明 - The Liberty Opinion 2

 

2014年8月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

急ぐべきはSTAP細胞の存在の証明

 

 STAP細胞をめぐる問題で、混乱が続いている。

 小保方晴子氏は6月上旬、主要論文の撤回に同意した。だがこれは、理化学研究所(理研)が進める検証実験に参加するためであり、小保方氏は代理人に「本意ではなく、仕方がなかった」と話している。

 さらに同月16日には、論文共著者の若山照彦・山梨大教授が会見を開き、「STAP細胞があることを示す証拠はなかった」と発表。同細胞の作製に使われたマウスが、若山氏の研究室が提供したものではなかったことなどを指摘した。

 これに合わせ、理研も、小保方氏が使っていた冷凍庫から「ES」というラベルが貼られた容器が見つかり、容器の中の細胞とSTAP幹細胞(注)の特徴が一致したと発表。マスコミも含め、STAP細胞はES細胞だった可能性が高いという空気ができつつある。

(注)STAP細胞を特殊な培地で培養してできる幹細胞で、    自らと同じ細胞に分裂できる。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年8月号記事  オピニオン  STAP  小保方晴子  理研  STAP細胞  検証実験  

Menu

Language