科学で証明できないものはない? NHKは傲慢な番組づくりをやめよ - The Liberty Opinion 3

科学で証明できないものはない? NHKは傲慢な番組づくりをやめよ - The Liberty Opinion 3

 

2014年8月号記事

 

The Liberty Opinion 3

 

科学で証明できないものはない?
NHKは傲慢な番組づくりをやめよ

 

 NHKが、超常現象を否定する番組を放送し続けている。

 4月5日に放送した「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー」では、アブダクション(宇宙人による誘拐)を扱った。

 番組では、アブダクションの体験者たちから、体が動かない例が多いという共通点を見出して、「アブダクションは金縛りの一種」と断定。また、宇宙人に誘拐されたという証言についても、脳内で作り出された「偽りの記憶」であるとした。

 別の回では、トンネルでの怪奇現象を取り上げた。トンネル内を走行していた車が突然停止。すると、フロントガラスに血が付着し、幽霊が車上に飛び乗ってきたというものだ。これについても、「付着した血は落ちてきた泥水」であり、「幽霊は、もろくなって落ちてきた天井のレンガ」と決めつけて、怪奇現象を真っ向から否定した。

 さらに、他の番組である「タイムスクープハンター」でも、ポルターガイスト現象を扱った。池袋村出身の女性を召し使いとして雇うと、誰も触っていないのに、皿が落ちて割れたり、行灯が飛ぶなどという、江戸時代に起きた超常現象だ。これも、「同じ村の男性が、女性を村に戻すために嫌がらせをしたからだ」と結論づけた。だが、いずれの番組も超常現象の否定の仕方が極めてずさんだ。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年8月号記事  オピニオン  NHK  科学  超常現象  アブダクション  幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー  

Menu

Language