東京地裁が宗教活動を否定する不当判決 納骨は倉庫業ではなく信仰行為である - The Liberty Opinion 4

東京地裁が宗教活動を否定する不当判決 納骨は倉庫業ではなく信仰行為である - The Liberty Opinion 4

神聖な布施を「商行為」のように見なしてはならない。

 

2014年8月号記事

 

The Liberty Opinion 4

 

東京地裁が宗教活動を否定する不当判決

納骨は倉庫業ではなく信仰行為である

 

東京地裁が入る合同庁舎(東京都千代田区)。

 宗教法人「幸福の科学」の元信者ら4人が、同教団に布施の返還を求めた訴訟の判決が5月末、東京地裁で行われた。宮坂昌利裁判長は、教団に対して原告が主張する金額の一部の支払いを命じた。

 この訴訟は、元信者らが、信仰を持っていた当時に行った布施、永代供養の生前申し込み、納骨壇の下賜に要した金額の返還を求めて、2012年4月に起こしたもの。

 判決では、教団の布施の勧誘には不法行為は一切なかったと認定。この点では原告の主張を退け、大部分の布施の返還を認めなかった。

 しかし、永代供養については、供養という事実行為を委任する「準委任契約」と認定し、この部分の布施の返還を命じた。また、納骨壇については、「建物賃貸借の契約の性質と準委任の性質を併せ持つ混合契約」とした上で、この部分の布施の一部の返還を命じた。

 永代供養や納骨壇への布施を単なる経済活動のように断じた今回の判決について、教団側は「信教の自由を侵害する憲法違反の判決であり、宗教が重んじる布施の精神を踏みにじる不当判決」として控訴した。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年8月号記事  オピニオン  宗教活動  東京地裁  納骨  布施  経済活動  対価性  裁判所  左傾化  商行為  永代供養  

Menu

Language